スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専門外だったので・・・

 今日も1件買取。場所は、兵庫県。兵庫での活動が長かったためか、
まだ大阪での買取よりも、兵庫の買取のほうが多いですね(^_^;) まぁ、
幅広いエリアで買取できるってことは嬉しいこと。兵庫、大阪、京都、
奈良・・・ロビンは関西一円、出張買取いたしますので、どうぞよろしく
お願いいたします。

 今日の買取部数は、200冊弱。書や盆栽などの本のほか、囲碁・将棋
などの趣味の本、料理本などの実用書、立派な社史って感じでバラエティ
に富んだ内容でした。

 ちょっと珍しかったのが、掛け軸。有名な書家の作品というのが出て
きました。が・・・残念ながら、これはウチでは買取対象外。買えない
こともないのですが、専門外ですので、古美術を専門に扱っている
骨董店に比べれば、お値段はそんなに付けられません。

 店主の知識が不足しているので、きちんとした目利きができないって
のが大きな要因。せっかく頼っていただいたのに、お力になれないのは
残念ですが、仕方ありません。正直に申し上げ、他の店をあたっていた
だいた方がお値段はつきますよ、とアドバイスさせていただきました。

 古本屋だからといって、本ばかり扱うわけじゃありません。このような
掛け軸や色紙を扱っているお店もあります。でも、それはもはや「本」
じゃなく「美術品」ってカテゴリ。どんなに安いモノでも売値で数万円は
しますし、なかなか生半可な知識では扱えないですね。

 仕事の幅を広げるため、やがてはこういったジャンルの知識も身に
つけていきたいですが、なかなか手が回らないのが現状。今日の
お客さんには悪いことをしました。今後はイレギュラーな買取にも
しっかり対応できるよう、商品知識を日々、鍛え上げていきたいと
思っています。

とりあえず一人

 先日、このブログでも取り上げた東京都議会でのセクハラヤジの続報。
 http://robinbook.blog.fc2.com/blog-entry-294.html

 ついに犯人が一名、名乗り出ましたね。名乗りでたというか、大騒ぎに
なって逃げるに逃げられなくなって仕方なくしぶしぶ手を挙げたってところ
でしょうが・・・・・・。あまりにも潔くなかったね。。。

 私も驚いたこと。ここ数日、やたらとブログアクセスが増えています。
それ自体は嬉しいことなんですが、アクセス解析を見て唖然。ほとんどが、
あのセクハラ発言に関する記事を読んだ方のアクセスなんです。この問題が、
どれだけ世間で関心を集めているかよく分かりますね。

 東京都議会 セクハラ

 って言葉を検索して、アチコチのサイトを覗き見して、どういうわけか私の
ブログに辿りついた方が結構いるみたいです。まさか、そのキーワードで
検索にかけて古本屋のブログに辿りつくなんて思いませんよね、フツーwww
 ま、そうやってウッカリ(?)私のブログを訪れた方も、何かの縁。この事件が
収束しても、よかったら時折訪れてみてくださいm(__)m

 でも、この問題・・・まだ終わってはいません。映像を見る限り、どうもセクハラ
発言をした議員は複数いるみたいですし、一人名乗り出たからってそれで
終わりってわけにいかないでしょうね。それに、名乗り出た当の議員も会派離脱は
申し出たみたいですが、議員辞職までするのかどうか。この後、渦中の議員が
会見に応じるそうなので注目ですね。

 報道によれば、世界のメディアでも、この事件は大々的に報じられているとの
こと。グローバルスタンダードでは、とんでもないセクハラ発言で、そんなことを
言う人間が議員でいるってことは信じられないことなんでしょうね。そういえば、
東京メトロでも、車掌を載せないまま電車が出発したってトラブルも報じられて
います。こんなので東京五輪、大丈夫ですかね?

 ウクライナの問題を抱えたままソチ五輪を開催したロシア。インフラ整備が追い
付かないままワールドカップを開いているブラジル。・・・国の威信にかけて大きな
国際大会は、ぜひとも成功させたいって思惑があるのでしょうが、場合によっては
世界に恥をばら撒くだけにもなりかねません。

 個人的には、東京五輪には反対でしたが、やるって決めた以上、絶対に成功
させて世界にこの国の素晴らしさをアピールしてほしいものです。そのためにも、
このセクハラ発言・・・決してウヤムヤにせず、徹底的に調査してほしいものです。
 

続きを読む »

採光について

 おはようございます、ロビンです。

 今日は久しぶりにいい天気。風も心地よいですし、窓を開けて室内の
換気。風通しを良くして、カビ対策。とはいえ、カーテンは欠かせません。
強い日光は本のヤケのもと。長持ちさせるためには、なるべく日光には
当てないことです。

 難しいですね、太陽の光は。一般的には、日のよく当たる南向きの
部屋が喜ばれますが、これは本にとっては悪影響。本の保管のこと
だけを考えれば、なるべく日は当たらず、かといってジメジメと湿気て
いない・・・そういう部屋が理想です。

 でも、まったく日が入らないというのも陰気な感じがしますし、精神
衛生上はよくないかも。近所の図書館でも、印象をよくするため採光を
しっかりとっています。本を読むなら、自然光豊かな部屋のほうが
気持ちいいですよね。

 本を保管する場合と読む場合。それぞれに求められる部屋の環境は
違うということ。
 最近は古本屋とはいえ、本を売っているだけでなく、そこでコーヒーなどを
飲みながら談笑を楽しむってスタイルのブックカフェも登場しているとのこと。
そうなると暗い地下街や、北向きの物件はあまりお客さんの印象がよくない
かもしれません。

 私の場合、ネットショップ専門店でリアル店舗はないので、本の保管だけを
考えていればいいのですが、ヨソのお店でもついつい採光は気になってしまう
ものです(^_^;) コンビニの本が長いこと売れず、ビミョーにヤケたりしている
のを見るとイラッとするものですよwww

 さぁ今日も一日、頑張ります!

Amazonの経営に学ぶこと

 数週間前、Amazonの創業者が世界最悪の経営者に選ばれたと
報じられました。従業員を酷使、虐待しているとして問題視された
ものです。物流センターで働く従業員は1日20km以上も歩かねば
ならず、常時行動が監視されているとも記事は報じています。

 それだけ歩くってことは、むしろ運動不足解消になって健康的じゃ
ないかって気もしますが、何事も過ぎたるは何とやら。ちょっと休憩
しただけでも注意されるってことですし、救急車もよく会社前に待機
しているっていいますから、度が過ぎたかもしれませんね。

 私の店は個人店。アマゾンのように大勢の従業員を使って仕事を
するってことはありません。でも、インターネットを使ってモノを販売
するってビジネスモデルは同じ。そこで、当店でもアマゾンの経営で
学ぶべきところは参考にしています。

続きを読む »

カビを防ぐために

 昨日、今日と随分雨が降っています。今年は梅雨らしい梅雨のような
気がします。

 この時期、ジメジメとした湿気は本を傷めますので、対応に苦慮する
ものです。保管状態が悪いと、本にもカビが生えることがあります。
特に古い本は天然素材が豊富なためか、カビが好んで生育しやすい
みたいですね。

 カビが生えたら、さすがに商品としては売り出せません。手入れすれば
除去できないこともないですが、手間もかかりますし、除去の過程で本を
傷めてしまうこともありますね。というわけで、古い本を扱う古本屋としては、
この時期カビ対策に気を付けなきゃいけません。飲食店も食中毒が怖い
時期ですが、古本屋だってカビは怖いんですよ(^_^;)

 本来なら、保管場所で常にエアコンを稼働させ適温を維持するようにしたい
のですが、光熱費も馬鹿になりませんし、エアコンのない部屋にも本はあり
ますので、それは無理な要求というもの。できる限りの努力はしているのです
が、高温多湿の日本の夏。いかんともしがたいものがありますね(>_<)

 気を付けているのは、小まめな換気。天気がいい日は窓を開けて
風通しを良くするよう心掛けています。窓を開けるだけで、部屋の淀んだ
空気は動きますから、カビを防ぐには随分効果があるものです。

 もちろん、窓を開けた後は、急な雨には気を付けなきゃいけません。
突然、横降りの雨が降ってきて部屋に入り込むなんてことになれば、
貴重な本まで水浸し。商品価値が一気に下落なんてことになりかね
ませんからね。

 それと湿気とりも重宝しています。プラスチックのケースに薬剤が入って
いて、空気中の水分を吸収してケースに水がたまるというもの。けっこう
値段が安いですし、たまった水の処分も簡単ですので、夏の間はお世話に
なります。場所によっては、けっこう水分がたまるので見ていて爽快
ですよ(^^)

 皆さんも、ご自宅の本。この時期の保管にはお気を付けください。

高いなぁ~

 今週は、遠方かつ大量の買取が重なりました。そうすると、車のガソリンを
消耗します。というわけで給油に行きましたが・・・

 高いっ!!

 160円台が当たり前になってきました。ふと見たら、軽油ですら140円台。
それって一昔前のレギュラーガソリンの値段やん!! 思わず、軽油を
入れようかと思いましたが、エンジンが壊れそうなので断念(^_^;)

 それにしても高すぎます。せめて150円台にしてくれって思いますね。こうも
高いと買取費用がかなりの負担に。かといって販売価格を上げても、売上が
鈍るだけですので、結局は買取額を減額せざるを得ないかも。

 ヨソの古本屋さんでは、出張買取を行っていないところも多いみたいですね。
店舗に持ち込まれた分だけを買取るのでしたら、ガソリン代の高騰も気にする
ことがないですから、買取額に頭を悩ませなくていいですが・・・無店舗型の
古本屋にとっては、けっこう今回の価格高騰、キツイです。

 腹が立つのは、ガソリンスタンドの値上げ対応の素早さ。中東など産油国で
不穏な空気があったら、すぐさま値上げするくせに、事態が収まっても値下げは
なかなかしません。今回のイラク情勢、無事に収まったとしても、価格が落ち着く
のは多分、しばらくたってからです。

 そういえば、ガソリンスタンドのENEOSとJOMOが統合されても、全然、経営
規模の拡大によるコスト削減なんて無関係で、むしろ独占が進んだだけ。価格安定
って言っても、高値での安定しかありえない状態になっています。

 ガソリンなんて、もともとはプランクトンの死骸。そんなものに高値を付けて
庶民の暮らしを圧迫したり、ときにはそれをめぐって戦争までするってのです
から、人類なんて文明の見た目ほど中身はさほど進歩していないのかも
しれませんね。

 まぁ、高い高いとは言っても、古本屋にとって仕入は命。出張買取をしないわけ
にはいきませんから、しぶしぶ給油しますが、ホントどうにかしてほしいものです。

太宰治「佐渡」

 昨晩、太宰治の「佐渡」という短編小説を読み返しました。新潮文庫の
「きりぎりす」って本の中に収録されている一遍です。

 小説というよりもエッセイ、紀行文ってジャンルに区分した方がいいような
内容のもの。どうってことないストーリーです。佐渡ヶ島でない島を佐渡ヶ島
だと思って高校生に話しかけて恥をかいたとか(でも、結局それが佐渡ヶ島
だったわけですが)、あまりにも大きすぎる島だったとか、料亭の振る舞いが
無神経だったとか・・・・・・ホンマ、どうでもいい内容。

 でも、なんとなくこの小説が印象に残って、私は昨年夏、佐渡を訪れています。
いわば、太宰の歩いた道を追体験してみたいって衝動。作中で出てくる旅館名は
すべて実在のものと変えられているそうなので、どこだか分かりませんでしたが。

 何しに佐渡へなど行くのだろう。自分にも、わからなかった。・・・佐渡は、
淋しいところだと聞いている。死ぬほど淋しいところだと聞いている。前から、
気がかりになっていたのである。私には天国よりも、地獄のほうが気に
かかる。・・・謂わば死に神の手招きに吸い寄せられるように、私は何の
理由も無く、佐渡にひかれた。・・・(太宰治「佐渡」より)


 佐渡の人が聞いたら怒りますよ、こんなこと書いてwww とんでもなく失礼な
人ですね、太宰って。いくら偉い作家先生でも、この表現はいただけません。
 実際に私が行って思ったこと。佐渡は地獄じゃなく、むしろ天国。景色も
綺麗ですし、見どころもたくさん。いいところですよ。太宰が訪れた時代は、
本当に何もなかったのかも知れませんが。。。

 大きさは、関西の淡路島と同じくらい。でも、淡路島よりも綺麗に思えました。
多分、人口の差ってのもあるでしょうが、本州と陸続きかどうかってのも大きい
かな、と。淡路島は橋ができて、現在、本州と陸続きになっています。それだけ
物流も盛んなわけで、人も物も流れ込み、アチコチにゴミが不法投棄されて
います。
 一方、佐渡は新潟から近いですが橋はできていませんし、わざわざフェリーを
使って不法投棄をしに行く人もいないでしょうから、ホントあまりゴミが捨てられて
いる光景には出くわしませんでした。コンビニが少ないってのも一因かもしれ
ませんね。

 やっぱり、いくら日本の文学史に名を残す大作家の言ったことだからって、
自分で実際に体験してみないと本当のところは分かりません。佐渡を訪れた
ことのない方、ぜひ一度訪れてみてください。その際は、太宰の言い分が
正しいか、それともロビンの言い分が正しいか、しっかりジャッジしてください。

 佐渡で、一つ見どころ紹介。

 大佐渡スカイラインって道があります。島の北部を走る山脈に沿って続くドライブ
ロード。その頂上からの景色は最高です。佐渡ヶ島全体が見渡せます。本当に、
キュッとくびれた島のウエストラインがハッキリ確認できますよ。

 小説「佐渡」には、太宰が島の形がどうなっているのかって頭を悩ませる場面が
出てきます。この道、太宰の時代にはなかったのでしょうか? もし、当時にこの道が
あって、太宰がここから島を眺めていたら、島の形で頭を悩ませ自己嫌悪に陥ること
もなかったでしょうにね・・・。

 私はあまり一度読んだ本を読み返すことはしないタイプなのですが、昨晩はふと
気が向いて太宰の小説を、読み返してしまいました。また時間とお金に余裕ができ
たら、佐渡を訪れたいなぁ~・・・そんなことを思っています。

FC2トラックバックテーマ 第1852回「ワールドカップ、観てますか?!」


FC2トラックバックテーマ 第1852回「ワールドカップ、観てますか?!」



 今日のギリシア戦、ライブ中継見ていました。結果はドロー。相手には
退場者も出たんだから、もう少し何とかならなかったのか・・・残念。。。

 え~っと、よく分からないんですが、まだ日本はグループリーグ突破が
不可能じゃないんですよね? でも、コロンビア戦で勝利が絶対条件
とのこと。勝っても、自力じゃないみたいです。ギリシアがコートジボアール
に勝ってくれないと、リーグ突破ならないはず(リーグ表を見て自分なりに
考えてみたけど、こういう理解でいいのかな?) 

 順位は低いけど、ギリシアの方が日本よりまだ可能性があるかな。日本が
負ければ、自分たちが勝てばリーグ突破できるだけ日本より精神的に
楽かも。日本が勝っても、ギリシアも3-0くらいの大量点で勝てば、ほぼ
確定(私の予想)。

 こうなると、つくづく初戦の逆転負けが痛い。何か、報道を見ても日本代表の
活躍よりも、マナーのいいサポーターのことの方が目立っているし・・・。

 まぁ、でも。せめて1勝はしてほしいなって思ってます。多分、次の試合も
見るだろうな。ストレスたまりそうだけど・・・(^_^;)

東京都議会でのセクハラ発言について

 東京都議会で、みんなの党・塩村文夏議員に対するセクハラ
発言があったとして、連日マスコミを賑わせています。映像を見る
と、確かに女性蔑視の発言が録音されていますね。

 問題を解決する上で難しいのは、発言者がハッキリしないこと。
発言にすぐ反応した塩村議員の視線の方向から、自民党議員の誰か
の発言であることは間違いなさそう。でも、都議会で最大の勢力を誇る
政党だけに、それ以上詳細は分からないみたい。

 あ~あ、結局ウヤムヤになって終わりか・・・って思っていたら、
今日のニュースで興味深い報道が。塩村議員の所属するみんなの
党では、この問題を追及することを決定。映像の声紋分析など科学
捜査の手法を用いて、発言者を特定するというのです。

 声紋分析まで!(驚)

 映像の声紋分析で、どの程度の精度で発言者が特定できるのか
専門外なので分かりませんが、是非とも徹底的に調べて欲しいもの
です。

 あ~あ、それにしてもこの発言者。アホなことしましたね。都議会には
1日1000件もの抗議の電話がかかっているといいます。発言者が
特定されれば、まぁ次回の選挙ではさすがに落ちるでしょうね。ってか、
落とさなきゃ東京都民の品性が疑われますね。

 同じく自民党議員の問題発言。国政の方ですが、石原環境大臣の「金目
発言」が騒がれています。今日の衆院本会議、野党からの不信任決議案は
否決されました。そりゃ、与党の方が数が多いんですから、いくら指摘した
って不信任にはならないでしょうけど・・・だからといって、発言が正当化される
ものじゃないですよね。

 いつも思うこと。問題発言をした政治家は、よく発言を「撤回」します。
今回の石原議員も、しぶっていたみたいですが、結局発言は撤回した
とのこと。

 けど・・・撤回したからといって、本当に言わなかったことにできるはずも
ないですよね。言い間違えたことを言い直したっていうのとは、根本的に
問題が異なります。言っちゃいけないことを言っているのですから。

 言っちゃいけないことを言ったり。逆に言うべきことを言わなかったり。
簡単に選挙公約を破る政治家にとって、言葉なんて消えてなくなるもの。
細かいことなんて、気にしていないんでしょうね。

 しかし、言葉を紡いだ本を売っている古本屋の店主としては、一言。言葉は
大事にすべきです。我が国では古来より「言霊」信仰がありますが、これも全く
非科学的なものではないですよ。言葉には、人を勇気づけたり、幸せにする
「力」があります。逆に、人を傷つける力も持っています。

 今回の都議会。たとえ言霊を信じない人でも、声紋分析という科学的手法を
突きつけられたら逃げられないはず。今のうちに、潔く名乗り出て陳謝した方が
まだマシだと思いますよ。。。

 でも・・・政治家を批判するばかりじゃダメです。そんな政治家を選んだのは、
我々有権者なんですから。問題発言をする政治家を選んでしまうってことは、
それだけその国の国民性が、品性を欠くってこと。事実、過去にも問題発言
して話題になった議員が、選挙で当選するってことはよくありました。発言から
選挙まで時間が経ってしまうと、誰がどんな問題発言をしたかなんて覚えて
いられないのでしょうね。

 ホントは、問題発言をした政治家を批判するよりも、そんな人間を選んだ
有権者を批判する報道をすべきだと思うんですが・・・。
 

経済的な趣味

 つくづく思うこと。
 読書って、経済的な趣味だな~って思います。新刊で買うと、本って
けっこう値段がしますが、それでもよく考えてみたらせいぜい数千円。
千円台で買える本も多いですし、文庫本だったら数百円ってのもあり
ます。古本屋だったら、100円、200円の均一コーナーがあったりも
しますね。

 しかも、その本を読むのに何時間も、あるいは読むのが遅い人だった
ら何日も楽しめるのです。随分、お得じゃないでしょうか? 

 一時期、市場規模が20兆円とも30兆円とも言われたパチンコ。老若
男女に愛される娯楽ですが、決してリーズナブルなものではありません。
ハマリ台に座ってしまい、1万円札が怒涛の勢いで消えていったって経験
をお持ちの方も多いはず。

 私もそんな経験あります(笑) それだけのお金があれば、買おうかどうか
悩んでいたプレミア本を買っておけばよかったって後悔しても、時すでに遅し。
30兆円産業を支えているのは、間違いなく負けているお客さんなんですから、
パチンコを楽しもうと思えば、それだけお金がかかるということですね。

 パチンコの楽しさは否定しませんが、決して、庶民の娯楽なんかじゃない
ですよ。ある程度経済的に恵まれていないと、パチンコは「楽しみ」でなく、
「苦しみ」に変わります。そして不思議なことに、経済的に豊かな人間は、
パチンコで稼げる金額にあまり魅力を感じないので、さほどパチンコを
面白いって感じないって矛盾があります。

 それはともかく、パチンコで1万円なんて、ほんの半時間ほどで溶けてしまう
こともありますが、1万円分の本を読むとなったら、けっこう日数かかると思い
ますよ。楽しめる時間・1時間当たりのコストって概念を取り入れたら、読書は
間違いなく経済的な趣味です。パチンコに限らず、映画や旅行など、他の趣味と
比較しても経済的な部類に入るっていえそうです。

 もっとも、本を読むことそのものが苦痛になっていて、全然楽しめないって
のでしたら、コストパフォーマンスの話は無関係。余暇を過ごすのに、無理に
読書をするってこともないでしょう。

 ただ、読書が経済的な趣味だということは、誰もが平等に楽しむ権利がある
ということ。ゴルフや海外旅行をしたいけど経済的事情でそれが無理って場合
でも、読書をすることは可能です。定評ある名著なのに文庫で安く売り出されて
いるものもありますし、どうしてもお金が無かったら、図書館に通うって方法も
あります。

 限りある人生。限りあるお金。経済的な趣味として、「読書」を見直してみても
いいんじゃないでしょうか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。