スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同じようでも・・・

 昨日の話の続き。

 ある本がA店では1,500円で売られていて、B店では1万円で売られている・・・
全国統一の価格で販売しなきゃいけない新刊書店と異なり、古書店の場合には、
こういうことが、よくあるものです。

 どういう本にどのくらいの値段をつけるかは、全て店主の裁量。どういった
値付けをするかで、その店の個性が出てくるものです。どこよりも安い値段を
つけて、お客さんに喜んでもらおうとするお店。いい本にはしっかりした値段を
つけて、お勧め本をアピールするお店……色々です。

 購入するお客さんの立場からすれば、いい本を手に入れたって喜んでいた
のに、別の店ではもっと安く売っていたってなれば、あまり感じのいいものじゃ
ありません。
 でも、そういう運不運というか、お店との相性というか、そういうものを楽しむ
のも、古書を買う時の魅力の一つ。 高い買い物をした! って残念がらず、
笑って受け止める心の余裕を持ってください m(__)m とはいうものの、 いくら
なんでも、1,500円と1万円じゃ極端だろって思いますがねwww

 同じ本なのに値段が極端に異なる場合……店主が相場を知らないってだけ
の場合もありますが、その本に対する店主の評価を金額で表現したって場合も
あります。高い値段を付けている店主は、その本をそれなりに評価しているって
わけ。「高いと思うなら、ウチで買ってくれなくていいよ!」って強気の経営姿勢を
アピールしているのかもしれません。

 それともう一つ。古本ゆえの原因があります。同じタイトルとはいえ、扱って
いるものは、全て古本。コンディションが1冊1冊異なるわけです。だから、

 ヨソは1万で売り出してるけど、ちょっと汚れているし、
そこまでは無理だな~


 って考えて、7,000~8,000円ぐらいにしたり。そういうことは、よくあります。
まぁ、それでも1万円で売っている本を、1,500円で売り出すってのは、
さすがにないと思いますが……(^_^;)

 要するに、古本は中古車と同じ1点もの。中古車を買うときだって、値段だけ
見て買うってことはないはず。走行距離だとか、事故歴だとか、キズの有無とか
……色んな要素を検討して、その車がその値段で売っていたら安いな~とか、
高いな~とか。同じ車種でも、状態によって値段が変わるのは当然ですよね?

 古本も同じ。同じタイトルの本でも、ヤケの程度、帯の有無、書込みや汚れの
状態、初版本かどうか……といった点が異なれば、値段も変わる。古本にも、
個性があるんです。
 
 だから古本を購入するときは、値段だけを見て即決せず、しっかりと状態を
判断した上で購入しないと、ガッカリするってこともあるのでご注意。ネット販売
や目録販売の場合には、実物が見られないのですから、説明書きをしっかり
読んで、後悔ない買い物をしてください。

油断をしていたら・・・

 今日は買取予定がないし、天気も悪いのでポスティング作業もお休み。
のんびりと市会に出品する本を整理でもしておこう・・・って油断していたら、
入っちゃいました、買取が! 

 もちろん、すぐさまご自宅まで伺います。こんな日に心配なのは、雨。
積込み作業中に降られたら、もう大変です。激しく降っては止み、また
降っては止み・・・でも、何とか積込み作業中には止んでくれて助かり
ました(^^)
 趣味の本を中心に段ボールに4箱ほど。状態も良く、なかなかいい
買取ができました。

 雨は嫌ですが、やっぱり買取は嬉しい。ホントはいい本を仕入れても、
それを現金化する作業・・・つまり「売る」ってのが、なかなか大変な
苦労をするものなんですが、私の場合、買取った段階で満足してしまい
がち。いけませんね、こんなんじゃwww

 でも、売り出す苦労は、未来の私が考えればいいこと。今日のところは、
いい品を仕入れられて充実した1日でした (^_^)v

不良在庫処分に向けて

 おはようございます、ロビンです。
 今日は、朝から少し天気が悪いですね。 昨日の段階ではあまりに快晴だった
から、天気が崩れるって予報が信じられなかったのですが、さすが、気象庁!
しっかり的中です。

 で、今日も買取予定は今のところ、なし。といっても、たいていの場合、買取依頼
って、突然入るものですから、この後どうなるか分かりませんが。天気が悪いので
ポスティング作業もお休み。何もしないってわけにもいきませんので、次回の市会で
出品する品の整理をしています。

 紐でしばっていると、少し疲れました。というわけで、ブログ更新で小休止(^^)

 長期間動かない在庫……これを思い切って「振り」で処分してしまおうって思って
います。でも、不人気品ばかり並べても、多分、買い手はつきにくい。そこで、少しは
いい品も混ぜて出そうって思っていますが、この選別が大変。いい品は、やっぱり
自分で売り上げて、しっかり利益を出したいな~なんて欲求と、さっきからずっと
戦っていますwww

 とりあえず保管スペースを確保するために、不良在庫を一掃するのが目的。だったら、
あまり欲張らずドンドンと本をしばっていけばいいのですが……「あ~、コレはまだ
読んでいないから、読んでから売りに出したいな~」とか、「この本が『振り』で安く
落とされたら、ちょっとヤダな~」とか……なかなか、物欲を消し去るのは大変です(笑)

 さぁ、この後も頑張るぞっ! っと。

値付けに悩む商品の場合

 あまり詳しくないジャンルの本が入ってきた。……こういう場合でも、大手
サイトを利用すれば、販売することができるってのがネットショップの利点。
リアル店舗の場合には、店のカラーに合わない商品を置いておくと、棚が
乱れるって心配があるので、専門外の本は扱いにくいってことがありますが、
ネット販売ならあまりそういった心配はしなくていいものです。

 でも、詳しくない商品ですから、売値で悩みます。いくらぐらいを付けようかな?
って。相場を離れてあまりに高すぎると、欲どおしいやっちゃ! って悪いイメージ
につながりそうですし、かといってあまりに安すぎると「アホちゃうか」ってセドラー
の餌食になることも……(^_^;)

 自分の買取額以上の値段を付けるのが基本なんですが、買取の段階で目利き
を誤ると、思ったほど市場価値のない本を高値で購入したってこともあって、泣く泣く
原価割れして売り出すこともあります。買取額との差額は、まるまる赤字が確定します
が、勉強代と思って諦めるしかありません。

 まだまだ若手の私ですが、もともと本好きでしたし、古書店にもよく通っていました。
ですから、それほど素人ってほど無知なわけではなく、たいていの本はおおよその
売値相場は見当が付きます。でも、やはり本の世界は広大。専門外のジャンルに
なると、とんと見当がつかないってこともあるもので、そういう場合は、他店の売値を
調査したりもします。

 といっても、実際にお店を訪れるわけではありません。ある程度高値のものは、
目録に載せられていることが多いですし、今の時代、インターネットで取引ってのが
多くなっていますから、たいていのお店は自店サイトを運営していて、そこを拝見
すれば、その店の売値が分かります。

 ヤフオク! やAmazonなどで検索することもありますが、これはあくまで参考程度。
私の経験上は、あまりアテになりません。
 こういったサイトには、プロの業者以外の一般の方も参加されます。ご自身の所有物を
売り出しているのですが、そういう方の中には、あまり商品知識のない人もいて、時折、
ごくありふれた本がとんでもない高額で売り出されていたり、かと思えばプレミア本が
すごい安値で落札されていたりしますので、あまりこういった大手サイトの売出額は、
過信しないことが大事です。

 ところが、プロの古本屋の価格も、あまりアテにならないことがあります。私自身の
無知をさらけだすので恥ずかしいのですが、まぁ他の同業者も同様ですよってことを
お伝えするために、あえて体験談を話します。

 先日、入荷した本。そこそこいい品っぽかったので、年末の即売会用に回そうかな
って思いました。1,000円とか2,000円ぐらいの値札を貼っておけば売れそうな本。
このくらいの価格帯ですと、即売会の会場用にちょうど良さそうって考えたのです。

 でも、その値段は「最低でも、これくらいはいけるだろ~」って古本屋の期待する
価格。古書店期待小売価格(って、そんな言葉あるかどうか知りませんがwww)って
ヤツです。問題は、その先。

 コレ、もっと高く売れるの?

 悩むのは、ここなんですよ。売れればいいってだけなら、商売は簡単。相場もへった
くれもない、全部安い値札を貼ればいいんです。安くすれば売れるのは、当たり前。
高い値段でも買ってくれる人がいるかどうか・・・ここが肝心なんです。高い値段で
買ってくれる人がいる品を、わざわざ安い値段で売り出す必要はないわけですから。

 なんか、やだな~。露骨に金の話をして、あくどい商売をやっているイメージを持たれ
ないかな? でも、どんな商売でも、「儲ける」ってのは、そういうこと。高い品で利益を
出さないと、儲からないわけですから、許してくださいm(__)m

 それに、この記事の本題はそんなことじゃありません。とにかく、最低1000円ほど
では売れるだろうって本が、じゃあどのくらい高い値段で売り出しても、まぁ相場の
範囲内で、同業者や業界通のお客さんから見て恥ずかしくない価格なんだろう?
ってこと。

 で、私が知りたい、その本の相場。他の古書店さんの売出価格を、ネットで調査して
みたわけです。

 すると!

 あるお店は1,500円ってつけていましたし、別のお店は1万円ってつけていました。
他にも何店か、この本を在庫にもっているところはあったのですが、面白いくらいに
1万円の高額派と、1,500円近辺のリーズナブル派に分かれました。5,000円くらいの
中間派はいません。

 高額を付けている店は、この本にはそれだけの値打ちがある。貴重な本だって
主張をしているわけです。一方、安値派は、そこまで値打ちのある本じゃないよ
って言うわけ。プロの古本屋が、こうして意見が対立するわけですから……
やっぱり本の値付けは難しいものです。

 悩むな~。1万円って価格が妥当なら、これは思い切って目録に載せてみても
いい商品。ウチの店には、こんなのもありますよって看板になりそう。売れなくても、
目録に載せることで、店の「顔」になってくれる本です。

 でも、ヨソのお店が1,500円で出しているものを、1万円の値段を付けて、しかも
目録にまで載せてしまったら、とんだ恥さらし。違法でも、マナー違反でもない
ですが、恥ずかしいですね。。。

 1,500円で売り出している店が商品知識のないアホなのか、1万円で売っている
店が欲ボケしているのか……。

 個人的感想を言えば、ちょっと調べただけで数店が在庫に持っているってことが
わかる品なんですから、ン万円ってのは希少価値からは、出てこない金額。
 でも、確かにいい本で、その資料的価値ってことを考えれば1万円ってのも頷ける
金額。要するに、単に、「需要と供給」っていう市場原理からだけ導けば1,500円で
いいんでしょうけど、本の「内容」も加味すれば1万円でも悪くない。どっちのお店が
アホだの、欲ボケだのってことではなく、お店のポリシーとも関連する値付けなの
かも知れません。

 まぁ、どの価格が適正かってのを最終的に判断するのは、お客様。安い値段で
売出しても売れ残ったら失敗ですし、高い値段でも買ってくれる人がいれば、
間違った値付けじゃありません。

 即売会まで、まだしばらく時間はあります。この本、値段をどうするかは、もう少し
じっくり考えたいと思います (^^)

いい天気なのに

 やはり短いスパンで見ると波はあるようで、今日はピタッと買取はなし。
せっかくの買取日和なのに、残念です(>_<) ま、こんな日もありますね。

 こんないい天気の日に、どこにも出かけないってのも気が滅入るので、
ちょっぴりドライブ。あ~んど、ポスティングwww やっぱりただ出かける
だけってのは、経済効率が悪いんでキッチリ広報活動はします(笑)

 今日のポスティング作業で、買取に結びつく割合ってどれくらいなんで
しょうかね? 宣伝費で一番安いのは、おそらくインターネット。自前の
サイトにアクセスしてもらえるようになりさえすれば、ほとんど経費をかけず
宣伝効果が期待できます。買取広告だけでなく、販売広告もできるってのが
強みですね。

 でも、10年ほど前と違って、今はインターネットも競争が厳しい状態。ただ
サイトを作っているだけでは、他店との差別化が図れませんから、ほとんど
宣伝効果はなく埋没していくことでしょう。SEOといって検索エンジン対策に
力を入れているお店もあります。

 インターネットには膨大な情報があふれています。その中で、自分の店を
目立たせようってのは、なかなか至難の業。もっとも、それなりの広告費を
支払えば、検索エンジンでもけっこう上位に表示されるようにはなります。

 でも、そこまで費用をかけても、私の店は小規模店。買取に伺うスタッフが
少人数なんですから、対応できません。
 ってことで、各店には各店なりの宣伝スタイルっていうか、適正な広告費用の
規模みたいなのがあって、私の店の場合、金は使わず体を使う・・・ポスティング
作業が性に合っているようです。そんなに頻繁な買取はなくても、ポツリポツリと
ご依頼をいただければ、何とか店の在庫を確保するには困らないんです。

 とはいえ、やっぱり買取はあった方が嬉しいです。明日は少し天気が崩れる
って予報でしたので、天気のいい今日のうちにとセッセとビラを撒きましたが、
皆さん読んでくれたのかな? 明日は、買取があるといいな~・・・そんなことを
考えています。

まったく同じ金額だったら

 昨日、二世会市会を手伝いました。その開札場面で、珍しい(?)ことが
ありました。ある商品に希望者が複数いて、こんな感じでそれぞれ入札
していたんです(金額は、あくまで例デス)。

 A店   ・  B店
7,120   ・  7,120
5,850   ・  5,850

 どちらのお店も、7,120円までは出せるって判断で入札したのは同じ。
そして、最低でも5,850円は出すよって判断も同じなんです。二枚札の
場合、上の金額のことを「上札」、下の金額のことを「下札」って呼びます
が、上下どちらの札もまったく同じ金額を書きこんでいる人が、いたん
です。

 ベテラン勢は経験豊富なため、相場勘が似通ってきますので、ある
程度同じような金額で勝負がつくってことはよくありますが、完全に
10円の単位まで金額が一致するってのは、すごいですね。

 で、私はこういうケースは経験がなかったため、ベテランの方に指導を
仰ぎます。

 二枚の札を、左右の手にそれぞれ握って。

 言われるがまま、私は握ります。

 左!

 ・・・というわけで、私が左に握っている札の人が抽選に勝ったということで、
落札者になりました。完全に同じ金額だったら、最後は抽選。欲しい品を
手に入れるには、運も必要ってことなんですね(笑)

 ちなみに、さきほどの例で、例えばA店が下札を5,860円って書いていたら、
A店が落札者になるそうです。上の金額が同じなら、下の金額の高低で判断。
それでも判断できない場合には、抽選ってことです。

 そういえば……今までも市会で、「右!」とか「左!」とか発声している人が
いたのを思い出しました。私は初めての経験でしたので珍しく思ったんですが、
時折は起こりうる事態なのかもしれません。

 でも・・・抽選にまでもつれて落札し損ねた人は、悔しいだろうな~。金額の読みは
いいラインをいっていたんですが、「運」の差でゲットできなかったんですから。
ちょっぴり気の毒な気もしますが、こういう運不運もビジネスにはつきもの。仕方
ないですね。

「置き」で初売上

 今朝の段階では、「置き」では出さず、全部「振り」に回そうって思って
ました。「振り」は徐々に値段が上がっていく方式なので参加しやすく、
売れ残り率が低くなります。売れなかったら、ドンドンと用意している品を
積み上げていきますので、よっぽどひどい品でない限り、たいていは
誰かに落札してもらえます。

 出品者側としては「処分しやすい」ってメリットはありますが、落札額が
低くなるってデメリットもあります。高値での落札が予想される品の場合は、
「振り」で出品すると思いのほか安い売上ってこともありえます。

 で、そういう場合は「置き」で出す。「置き」にすれば、最低入札額って
ハードルがあるので売れ残るってデメリットもありますが、人気商品の
場合には、そこそこいい値段で買ってもらえるってメリットもあります。

 朝、会場に向かうまでは、とにかく処分優先。全部「振り」でいいなって
思っていたんですが、やっぱり心変わり。ちょっと「振り」で出すには
もったいないな~って品があったので、それだけ「置き」に回しました。

 結果、無事、落札してもらえました (^_^)v 入札者が一人しかいなかった
ので、それほど高値で落とされたわけではありませんが、それでも「振り」
に回すよりかは、高額になったって思います。作戦成功!

 今日は、完売。持っていった品は、全て売れました。ただ金額は……
もうちょっと欲しかったかな……。でも、まぁかなり厳しめの本が多かった
ですから、サビシー売上高も仕方ありません。次回からは、今日の反省を
活かして、もう少しいい出品を心掛けたいです。

 そういえば、「置き」に出品経験はありますが、落札してもらえたのは
初めて。ヤッター!! 今日は、1品だけ「置き」にしていましたが、
次回からはもう少し数を増やしてみようと思います。

 ま、何はともあれ、今日はなかなかいい1日でした。市会での様子とか
お伝えしたいことが色々あるんですが、今日は疲れましたので、明日
以降、記事にします。

 明日も、いい1日でありますように……。

二世会市会

 おはようございます、ロビンです。

 今日は、二世会市会の日。私も運営側として、お手伝いします。出品もする
予定。本当は、「置き」で出品したいけれど、なかなか売れないかな~って
判断で「振り」で出す予定。まぁそれでも、キビシーものはあるけれど、今日は
本部で行われる市なので、売れ残ってもいいかなって思っています。

 支部で行われる市の場合、売れ残ったら出品者が責任を持って持ち帰ら
なきゃいけません。でも本部で行われる市の場合には、売れ残ったらその場で
廃棄処分できるんです。「ツブシ」って書かれた大きなカーゴが用意されていて、
ここに不要な本を捨てていいってルール。

 ホントは、あまり廃棄処分なんてしたくないですが、売れないものをいつまでも
在庫として抱えているわけにいきませんし、プロが集う業者市で「売れない」って
判断されたものは潔く廃棄するのが賢明なんだろうって思っています。でも、
ちょっとは売れて欲しいですけどね……(^^)

 今日も1日、頑張ります!

さすがに疲れました・・・

 本日、1件の買取予約が入っていました。ちょっと遠方なんですが、
電話で話を聞く限り、かなりの分量があるみたいでしたので、まぁ何とか
なるだろうってことで引き受けました。

 で、遠方ということもあって、もしあまりいい本がなかっても観光でもして
帰ればいいやって気楽に考えていました。こういう機会にリフレッシュする
ってのも、いいもんです。

 ところが1件目のお宅に向かう途中、携帯に連絡があり、買取予約が
入りました。しかも、2件! どうやら、観光の計画は中止せざるを得ない
ようです・・・(>_<)

 3件目のお客様には申し訳なかったのですが、午後9時頃の訪問の
お約束になってしまいました。遠方から戻らなきゃいけないのと、さらに
他の買取のお客様がいらっしゃることと、しかも大量買取ってことなので、
そのぐらいの時刻になりますってお伝えしたら、ご了承いただけました。

 どうにか3件の買取は終わったのですが、仕事はそれで終わりではあり
ません。仕入れた本を車から降ろさなくちゃいけませんし、明日の業者市で
出品する本を、積み込まなきゃいけません。

 で、ようやく仕事を終えたのが、午後11時……。さすがに、ちょっと疲れ
ました。でも、買取があるってことは、古本屋にとって幸せなこと。疲れては
いますが、充実感のある心地よい疲れってところです。

 明日は、業者市。私も運営をお手伝いします。明日も、今日のように
充実した1日でありますように……。

未練は残る本の処分

 長年集めてきた本を、いよいよ処分するって時。人は、けっこうな一大
決心をするものです。買取る古本屋の方でも、そういった方たちの本に
対する思い入れというか、情熱というか、そういったものを強く感じることが
あります。

 ある日のこと。本の査定が終わって金額に納得いただき、じゃあ車に
積込みますねって段になって、・・・

 あの~、やっぱり、この本だけ売るのを辞めることってできます?

 www いやいや、ホントよくあるんですよ、こういうこと。もちろん、所有者の
意思に反して買取るなんてことはできませんから、「売れない」って言われれば、
諦めるしかありません。問題は査定額。

 あまり売れる見込みがなく廃棄処分になる可能性の高い本は、数をまとめて
一束いくらって計算をすることがあります。こんな本の中から1冊抜かれても、
どうってことはありません。もともとコッチもあまり値段をつけれていないわけです
から、この部分の査定額は、お客さんへのサービスというか「お売りいただいて
ありがとうございます」って感謝の部分なんで、そこで利益を出そうなんて考えて
いないんです。

 でも困るのは、ある程度の市場価値が見込める本の場合。古本屋の査定額の
大部分は、こういった本の評価額の積み重ねで計算しますので、もしこの部分の
本を抜き取りたいってなれば、それはちょっと評価額にも影響が出るわけです。
これだけの本なら、このくらいの金額は出せるって計算基準が、根本から崩れる
わけですから。

 で、そういう場合は話し合い。その本も評価しての金額ですので、その本を
抜かれると減額になりますよってことを、ご説明します。

 減額幅が大きい場合、これはその抜こうとしている本に対するこちらの評価が
高いってこと。その金額なら満足ってなって、無事お売りいただけることもあり
ますが、いやそれでもやっぱりこの本だけは・・・って意思の固い方もいらっしゃい
ます。

 古本屋としては、いい本をお譲りいただけないのは残念ですが、やはりお客様の
納得の上で買取作業を進めないと、あとあとトラブルのもと。無理強いはせず、
また心変わりしたらお願いしますって引き下がるのがベストですね。でも本音は……
事前に売却できない分は、キッチリ分けておいて欲しいとは思います。お客様も
本に思い入れはあるでしょうが、コチラも見てしまったら、「あ~、いい本だったな」
なんて悔しい思いをすることもありますから(笑)

 売る側にとっても、買う側にとっても、本の処分に未練はつきものってお話でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。