スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見るのと、やるのとでは・・・

 今度の月曜日は、二世会。ついこの間出品したばかりと思っていたら、
もう1カ月が経ちましたか……。早いものです。

 本当なら、今日に持ち込んで、ついでに並べておく予定だったのですが、
今日は所用があったため、昨日のうちに出品物を持ち込んでおきました。
昼頃、二世会の同人(どうにん=運営スタッフ)のSさんから電話があり、
私の出品物を並べておきますよ、とのこと。ありがとうございます。

 今回の出品物は、前回に比べ随分と少なめ。売れ残った場合に、持ち
帰る便宜を考えてのことです。・・・って、随分、弱気な出品者ですねwww

 二世会も準備が大変ですが、それ以上に今私は、来月の即売会の
準備で大忙し。なにせ初めてなことなもので、いったいどういう風に準備
すればいいのやら、チンプンカンプン。とりあえず本を用意しなくちゃ話に
ならないだろうってことで、本を用意していますが・・・う~ん、売れるかな?

 即売会の準備をして思ったこと。

 これまで何度も、即売会に一般のお客として参加をしたことはありますが、
売り手側に回るのは初めて。本の陳列の仕方ですとか、値札の貼り方
ですとか、今まであまり意識してみていませんでしたが、実際に自分が
準備するってなると、なかなか手間のかかるものだって分かりました (^_^;)

 即売会に限らずどんなことでも、見るのと、実際にやるのとでは大違い。
自分でやってみて初めて分かる苦労ってのが、あるもんですね。もう
ブックフェア本番まで1カ月を切りましたが、まだまだ分からないことばかり。
とりあえずは今自分にできる作業を進めておいて、不明な点は、先輩方に
尋ねようっと。。。

 何とか無事に、ブックフェア当日を迎えられるよう頑張ります!

オーク200古本祭

 本日、古書会館へ来週の二世会の出品物を持ち込みました。
先月に比べさほど出品物はないので、搬入作業は簡単に終了。

 その後、弁天町のオーク200に向かいました。実は、今日から
オーク200で古本市が行われているのです。来月、ブックフェアに
参加するので、本の陳列方法など、他のお店のノウハウを学ぼうと
思ったわけ。敵情視察・・・っていうと言葉が悪いですが、まぁ社会
見学みたいなものです (^_^;)

 いやぁ~、いい本がいっぱい出ていましたよ。私も欲しい本が
何点かあったのですが、さすがに同業者が古本市の初日から
買い求めるってのも、一般のお客さんへの気配りとしてどうなんだ
・・・って考え、今日は我慢。会期最終日に訪れる機会があって、
その本が残っていれば購入させてもらうかもしれません (^^)

 こっそり、こっそり見学しているつもりでしたが、

 あ! ロビンさん、こんにちは!

 って見つかっちゃった(笑) そりゃ、大阪組合の中で私は顔バレ
しているのですから、会場をウロウロしてたら見つかるわなw

 弁天町の近くにお住みの方、お探しの本がある方・・・日程のご都合が
つけば、ぜひオーク200に足を運んで、古本市をお楽しみください。

 興味ある方のため、念のため日程等を記しておきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■開催日 :  2014年11月21日(金)~27日(木)
■時 間 :  12:00~19:00
          ※最終日は17:00まで
■会 場 :  オーク広場(2Fアトリウム)
         <雨天も開催>
■主 催 :  関西古書研究会
■お問合せ: 大仙堂書店 072-994-8852

 オーク200へのアクセスはこちら。
 http://www.orc200.com/access/ac.html

市会に現れる悪魔(?)の話

 ある市会での一コマ。振り市が開催されていて、出品物が皆の
前に置かれます。それを見てAさんいわく

 これはダメだな~

 って、ポツリ。人の出品物にそんなケチをつけなくてもいいと思うの
ですが、けっこうそんな方います (^_^;) で、そうやって皆の中での
評判が芳しくないと、開始額も低めから告げられますし、値段もそんなに
高くなりません。

 振り手の方が、

 「××円から!」

 ってリーズナブルな額を告げると、先ほど出品物の悪口を言っていたAさん、
間髪いれず

 「はい!」

 って発声して競り落としました(笑) 出品物をけなしたのは、ライバルを
蹴落とす作戦。ま~ずるいこと、ずるいことwww 悪魔じみた戦略に
思えてきます。

 でも、こんな駆け引きも業者市での楽しみの一つ。あまりにも頻繁にそんな
小賢しいことをやっていると皆に嫌われますが、時にはこういうやり取りも
いいものです。淡々と市が進行するよりも、こんな出来事があった方が
盛り上がるってものですから、会場の皆さんも笑って許してました。

 ちょっぴり反則に近い技ですが、でも古本屋のしでかす悪さなんて、この
程度のモノ。年金暮らしのお年寄りから全財産巻き上げる詐欺を働くとか、
そんな本当の悪魔じみたことはできませんから、可愛いものです。悪魔は
悪魔でも、せいぜいプチ悪魔。

 業者市の目的は、商品の仕入れ、販売ですが、そんなプチ悪魔のちょっと
したイタズラを楽しむ心のゆとりができれば、売り買いの結果にかかわらず、
業者市はもっと面白くなります。

何とか、終盤に盛り返しました。

 本日、北東北書会の市会に参加。出品物はあまり持ち込めません
でした。最近仕入れたちょっとお値打ちそうな本、画集などの大型本、
文庫本など。

 ハードカバー文芸書も持ち込みましたが、これはほとんど先日の
二十日会の振りで手に入れたモノ。自分の欲しい本だけ抜いて、
不要な本はそのまま出品したわけです(^_^;)
 しかし、自分にとって不要なモノは他の人にとっても不要なモノみたいで、
結局、それらの品は売れず。「引き」になってしまいました。

 「これならいけるかな?」って期待していた文庫本も、思ったほどの金額
にはならず。ちょっと、残念 (>_<) 北東北書会は、毎週木曜日に市を開催
しているのですが、特に第3木曜日は出品者が多く、品物が多く出ますので、
やや値崩れ気味の傾向があります。

 今日の相場がやや低めになるってのは、行く前から分かっていたこと。
そのぐらいは織り込み済みですが、価格を下げても引き受け手が出ないって
のは、ちょっと想定外。いやぁ~、確かに私、自分でいうのもなんですが、
いつもいつもゴミを持ち込んでいますが、今日のはまだマシだったと思うの
ですが・・・う~ん、日ごろの行いを反省しろってことですかねwww

 金額もさっぱり。出品数も少なめですから、今日はほとんど儲けなし。ま、
こんな日もあります。次、頑張ろう。そう思って、

 以上です。ありがとうございました。

 って挨拶したら、

 え? あの本、ロビンさんの出品じゃないの?

 って声が。見ると、・・・おっと、いけない。本日の目玉商品になるかなって
思って持ち込んだ品を、出品し忘れていました。すみません、忘れていました。
って慌てて出品。結果、かなりいい額で競り落としてもらえました (^_^)v

 いやぁ~一時は、どうなるかと思いましたが、終盤に来て、クリーンヒットが
出て、何とか満足いく売上を残せました。ヨカッタ、ヨカッタ。

 置き入札の出品では、とりあえず品物を出しておけば、みんなに見てもらえて
欲しい人は入札してくれますが、「振り」の場合、テンポよく品を出すタイミングも
重要。出す順番でも落札額は大きく変わりますし、まして今日の私みたいに
出品し忘れたなんてことがあれば、誰も買いようがありません。猛省しなくちゃ
いけませんね。

 ま、途中、不手際はありましたが、いい市会の1日を過ごせたと思います。
明日は、来週の二世会の品物を会館に持ち込む予定。明日も、いい日で
ありますように……。

赤字ですが・・・(^_^;)

 日南会、終了。くじ運が悪く、出品の順番が終わりの方だったので、
かなり売れ行きは厳しかったです。「引き」といって持ち帰りになって
しまう品もありました (>_<)

 出品の順番が遅かったことと、前回に引き続き今日も大量出品の
方がいらっしゃったもので、随分と値崩れしてしまいました。いやぁ~
出せども、出せども、芳しい反応は帰って来ず。。。ツ、ツライ・・・。

 フィギュアに関しては、予想通り(?)仕入値を下回る額での落札。
どうやら、買取で奮発しすぎたようです。不足分は勉強代と思えば、
まぁ我慢はできます。

 ちょっと残念(?)なことも。実は、夏の日南会特別市で私が落札した
商品。けっこう高額で落札してしまったので、ネットで売り出すのは
もったいないなぁって思い、個人の蔵書としてずっと保管しておく
つもりでした。

 しかし最近、大量の買取があったので、こりゃダメだ。もうドンドン処分
しないと! ってことで、せっかく仕入れた品もそのまま今回の市で・・・。

 結果、 仕入値の半額 ほどで落札されました(笑)

 ま、こんな日もありますね。それでもトータルではそこそこの金額に
なりました。大儲けはできませんでしたが、かさばる本を一気に処分
して保管スペースが確保できましたので、よしとしましょう。

 明日は、北東北書会。あまり出品物はないのですが、長らく顔を
出していなかったので、久しぶりに顔を出そうって思っています。
事前の情報では、出品量が多いってことですんで、いい品があれば
「買い」で頑張りたいなぁって思います。

日南会に出品します

 今日は、日南会。私も本を持ち込みます。

 日南会では、コミック、文庫、成人向けDVDなどがよく出てきます。私が
今日持ち込むのは、主に漫画。全巻揃いのセットものだけでなく、ある
程度の数さえあれば、バラの単行本も市では売れるのでありがたいもの
です。

 以前仕入れたフィギュアも持ち込むつもり。本当なら、せっかくお客さん
から買取ったものを、そのまま市に持ち込むってのは、利益にならない
からあまりしたくはないこと。でも、当店ではフィギュアは専門外ですし、
場所も取りますので、さっさと処分して必要とする店に回す方がいいだろう
って判断です。

 フィギュアに詳しい方に、前回の買取額をお話したら、

 その金額だと、赤字にならない?

 って心配されました (^_^;) フィギュアは扱ったことがなかったので、さっぱり
相場が分からなかった。ある程度、詳しい人に話は聞いていたんですけどね。。。

 市でさばくのですから、利益が乗らないのは覚悟済み。買取額を大きく下回る
赤字になったとしても、まぁそこは勉強代。今後も、積極的に扱うつもりはない
ですが、どんなキッカケでフィギュア類を扱うか分かりませんので、買取額くらいの
勉強代は、自分への投資と思えば安いものです。

  いくらで売れるかな~? ドキドキ
  今日も元気に頑張ります!

残念な本もありましたが

 本日、午後に買取1件。大量かつ良質の買取で満足、満足 (^_^)v

 査定額も奮発しましたが、じっくり売り出せばポツリポツリ売れていく
ような本ですから、まぁモトは取れるでしょう。

 パッと見て、

 あ、いい本だな!

 って直感が働いたのですが、でも、残念なものもありました。シリーズ
もので1巻だけ欠けていたり、やや難のある本だったり……。

 今日の買取品をトータルで見れば、そこそこいい品ばかりなんですが、
逃した魚はナントヤラ・・・せっかく入手できたのに、難アリ商品だったり
すると実に悔しいものです。それが、珍しい本だったりしたら、なおさら。

 あぁもったいないなぁってダメな商品を残念がるより、手に入れた貴重な
本の喜びを噛みしめる方が精神衛生上はいいですね。って分かっていても
残念な気持ちが湧いてくるのは、根っからの貧乏性なんでしょうねwww

 ま、それはともかく、今日も元気に本を運んだので、ちょっぴり腰が疼き
ます(^_^;) 温かい風呂に入って、ゆっくりと身体を休めることにします。

 

記念講演会のお知らせ

 来月のブックフェアで記念講演会が行われます。ブックフェアの
再度の告知と合わせ、お知らせします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2014全大阪ブックフェア 大阪古書組合90周年記念事業

 会 期:12月19日(金)→21日(日)
 場 所:大阪古書会館

 時 間: 10:00~18:00 (最終日のみ16:00終了)


 大阪の古書店の全勢力を結集しての即売会!
 古典籍からサブカルチャーまであらゆる古書が
 大阪古書会館に大集合します。

 map
 (大阪古書ネットより画像を転載)

 合同目録も発行、会場で配布予定です(無料)。

 記念講演会 
  肥田晧三(ひだ こうぞう)先生「古書七十七年」

  (元関西大学教授、書誌学者、近世文学、上方芸能史、大阪近代文学史研究家)

 ■定員 100名
 ■入場無料 ※要申し込み
 ■開催日時:12月20日(土) 13:00~
 ■場所:大阪古書会館6階

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大阪古書組合
 〒540-0018 大阪市中央区粉川町4-1
 TEL : 06-6767-8380
 FAX : 06-6767-8387
 E-mail : kosho★jade.dti.ne.jp
      (スパムメール防止のため@を★に変えて記載しています。メール送信の
      際は、上記アドレスの★を@に変えて送信してください)

 ※ 目録ご希望または講演会に参加ご希望の方は、上記までメール・ファックス・
   はがきにてお申込み下さい。

  珍しい本、探していた本……多くの本の中には、きっとそんな本が隠れているはず。
 会場のスミからスミまでじっくり探して、お目当ての本を見つけ出してください。もちろん、
 当店も参加します。たくさんの方のご来場、心よりお待ちしています。

木箱を発注

 昨日、二十日会に出品物を持ち込んだ後、すぐさま大阪市内の
業者を訪れ、即売会で使う木箱を発注しました。オーダーメイドと
いうことで、多少・・・いや、かなり割高になってしまったのですが、
まぁ必要経費としてやむを得ないって判断。即売会の入金前で
痛い出費ですが、仕方ないですね。

 見積もりはすでに受け取っていたので、代金を支払うだけと思って
いたら、トラブルが。木箱のサイズ、外寸と内寸で指定しておいたの
ですが、なんと全部外寸として受け取られていました。オイオイ (^_^;)

 指定した数字を全部外寸で作られると、いざ木箱は完成しても、
目的の本を中に入れることができないっていう無用の長物になる
ところでした。危ない、危ない。

 そんなトラブルもあって古書会館に戻ったときには、二十日会の
第1回開札が終わっていました。あ~あ、入札したい品があったん
だけどなぁ……。ま、その分、「振り」でしっかり目的の品を落とせ
ましたし、「売り」も頑張れましたから結果オーライ。トラブルはあった
けれど、細かいことは気にしないでおきましょう (^^)

 木箱の製作期間は2週間。今月中には出来上がる予定です。さぁ
どんな完成品になるか。楽しみです。

完売!

 本日の二十日会、慌てて出品した割にはしっかり売れて、「置き」
「振り」ともに完売しました (*^^)v しかも金額も満足な額。

 トータルでは十分満足な金額なのですが、個々に見ると、こちらの
思惑どおりに売れなかったもの、逆に思った以上の額で売れたもの
……色々あって面白いものです。

 たとえば商品A。これは昨日大量仕入れをしたものの一部なんです
が、貴重なモノもあるものの、最近の売れ筋じゃないので、売れた
としても最低落札額だろうな~って思っていました。ところが、けっこう
いい額での入札があり、これは嬉しい誤算 (^^)

 一方、商品B。これは本当なら、今日は出品するつもりじゃなかった
のですが、商品Aだけじゃキビシーかなって思って、急遽、今朝に
準備をしたもの。絶対に売れるだろうって思っていましたし、そこそこの
額で落ちるだろうな~って思っていたら、なんと1人しか入札がなく、
最低落札額で落ちることに。ガーン (>_<)

 出品者の思惑をはずれる結果になったものもありましたが、それでも
いくらかで売れたらいいかって納得の上で出品していますので、問題
ありません。

 とにかく持ち込んだ品が、すべて値段がついたというのは嬉しいこと。
気分良くなって、「振り」の方でしっかりと欲しい品を何点か落札しました。

 「売り」に「買い」に満足いく市会でした。明日は、ちょっと遠方での
買取予約が1件。明日もいい本に出会えたらいいな~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。