スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たにまち日程

 おはようございます、ロビンです。

 今日は新興会。既に今週の「たにまち月1即売会」の準備は完了しましたが、ストックや入れ替え分など、もう少し在庫を確保したいところ。ってことで、今日も頑張っていい品をゲットしたいです。頑張るぞ~! p(*^-^*)q

 念のため、告知。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

たにまち月1古書販売会

日 時:2015年7月17日(金)~19日(日)
     10:00~18:00(最終日は、16時まで)

場 所:大阪古書会館
 map
(大阪古書店ネットのサイトより画像転載)

 もちろん、ロビンも出店。何でもアリの雑多な感じで、棚を作る予定。ただし持ち込む本は、全て今回が初披露目の新ネタばかり。「目新しさで勝負!」が、今回のコンセプトです (^^) 「たにまち」の常連さんの心に響くものはあるでしょうか? ドキドキ。

 今日も元気に頑張ります!

夏が来ました

 梅雨明けはまだですが、だんだんと暑い日が続くようになって、いよいよ夏本番が近付いているんだなって感じ。個人的には、寒いのよりも暑い方が好きなので、夏は好きな季節です。

 ただ、困ったこともあります。河南町の事務所。予算の都合ってヤツで、まだエアコンが設置できていないんだよな~。窓を開けて作業していますが、それでも日が傾いてくると西日が強烈に差し込み、なかなかホットな状態に (^_^;) まるでサウナに入っているかのよう。思い木箱を運んだら、それだけで身体中から汗が流れ落ちてしまいます。熱中症には気を付けないとね!

 それと、庭の花壇の手入れも大変。事務所とはいえ、もともと普通の1戸建て民家を借りています。庭があって花壇があるのですが、そこの管理はほったらかし。冬場は問題なかったのですが、この季節、雑草が生い茂って大変。気にしなかったらいいのですが、あまりに伸びすぎて作業場の窓にまで届くようになってきたので、「こりゃ、いかん」って、急きょ草むしり。特に養分を与えているわけでもないのに、これだけ元気に伸びるのですから、いやはや野生の植物の力って逞しいものです。

 蒸し暑さや花壇の手入れなど悩みも多くなる時季ですが、夏バテなどせず元気に乗り切りたいって思います。皆さんも体調管理、お気を付けください。

古典会、結果報告

 昨日の古典会。何とか、2点ゲットできました (^_^)v

 あるベテランの方いわく、

 古典会は、いくら金があっても足りん!

 とのこと。次から次へ貴重な本や資料類が出てきますから、欲しいと思う品を全て落札しようとすれば、……う~ん、恐ろしい。確かに、とんでもない金額になりそうです (^_^;) 1点1点がそこそこ高額で取引されるので、数を確保しようとすれば潤沢な資金力がないと苦しいですが、そうはいっても頑張れば手の届く金額で落札されるものも多々あります。

 ってことで、昨日の私の作戦。ズバリ、
 
 1点集中!

 ……これに尽きます。あれもこれも買う金はない。だけど欲しい品は頑張ってお金を出して、何としても手に入れる! そういう気概で臨みました。欲しい品は2点。ホントは他にも欲しいものはありますが、それらは我慢。出てきても、見て見ぬふり。資金を1点に集中しないと、本命は落とせません。市会も恋愛も一途な心が肝心。「コレ!」って決めたら浮気をせず、本命に力を注ぐってのが大事だと思います (^^)

 欲しい品2点は、できれば一括で入手したいです。片方しか手に入らないようだと、実は、あんまり欲しくありません。このへんが市会の難しいところ。2点揃ってならば、多少割高でも欲しいけれど、片方だけならその半額でも欲しくない。そういうケースもままあるものです。

 で、どうにか2つともゲットする作戦を、あれこれ思案していたんですが、……う~ん、考えても仕方ない。相手のいることですし、なかなか思い通りにいかないものなんです。とはいえ、行き当たりばったりというわけにもいきませんので、一応、自分なりに予算枠を決め、あとは気合で押し通そうと。。。おそらく「振り」で入札になるでしょうから、気合さえあれば落とせる可能性も皆無ではないだろうと考えたのです。

 結果、1点目は競争相手がいたんですが、何とか落札できました。ある方は、私の発声を聞いて

 気合入っているな~

 って、おっしゃっていましたから、どうやら私の作戦は功を奏したようです。いつもなら、開始額から徐々に金額が競り上がっていくのを楽しむ私ですが、昨日は結構大胆に金額を吊り上げました。ただ単に「気合」だけ。

 ベテランの方でしたら、安い金額から振りがスタートしても、一気に高い金額を発声することはあります(「飛ぶ」って表現します)。その本の値打ちを、しっかり把握しているってこと。目利きができていればこその技で、あまり新人のうちからそんな真似をしてもロクなことはないと思うのですが、昨日はどうしても欲しいって思ったもので、つい気合が先走りましたwww

 2点目も、無事ゲット。他にも欲しい品はありましたが、あまり欲をかくと痛い目にあいそう。欲しい品を落札できたところで、早めに退席しました。パチンコでも、麻雀でも勝ったところで気分よく止めるのが私の美学なんです (^^)

 さて、そこまで欲しかった品……冷静に考えれば、う~ん、どうだろ? 売れるかな? 売れてくれれば嬉しいけど、ほとんど自らの趣味で買ってしまったかも。正直、あまり扱ったことのないジャンルなもので、よく分かりません。まぁ売るときの苦労は、将来の私が悩むとして、今のところは欲しい品をゲットできてヨカッタ、ヨカッタって喜んでおきます。

今日は古典会

 おはようございます、ロビンです。

 昨日は北東北書会。私も3点落札。いい仕入れになりました。一部は、早速今度の「たにまち即売会」で売り出す予定。少量ですが「売り」もできました。トータルはわずかですがプラスに。ラッキー (^^)v

 今日は古典会の日。午前中、少し河南町の事務所で作業をして、午後には古書会館に行くつもり。今日もいい本が仕入れられたら嬉しいですが、さてさてどうなることか。今日も元気に頑張ります!

朝の風景

 今朝、車を動かそうとしたら、こんなことになっていました。。。 (^^)

150709

 タイヤにセミが止まっていますwww 下に見える抜け殻は、恐らくこのセミのもの。数年間を真っ暗な土の中で過ごして、ようやく外の世界に出て来たと思ったら、こんなところで羽化ですか。。。周りには木も生えているのに、何でまたこんなところを登ったんでしょうね。気付かずに車を動かしていたら、ペッシャンコだったかもしれませんよ。まぁ多少はイレギュラーがあったかもしれませんが、無事、羽化できてヨカッタ、ヨカッタ。

 でも、このセミ。前途多難かも。だって、まだ梅雨も明けていないんですから。聞こえるセミの声もまだわずか。これから1週間の寿命のうちに、無事、相手を見つけて子孫を残すことができるかどうか。他人事ながらちょっと心配になったりして (^_^;)

 夏の盛りに精一杯生きるセミもいれば、このセミのように一足早く生まれてくるセミ、肌寒く秋の気配が漂うようになってからトンチンカンに鳴いているセミもいます。セミの世界にも流行に無頓着なヤツはいるわけですね。

 何でも、このタイムラグは種を保存するための生活の知恵のようなものとのこと。もしも全てのセミが同じ時期に生まれてきて、運悪くそのタイミングで台風などやってくれば絶滅してしまう可能性があるので、早く生まれてくるヤツや、遅く生まれてくるヤツも一定数出現するようになっているとのことです。まぁセミ自身は、そんなことを考えているわけでもなく、DNAに刻み込まれた本能に従って動いているだけでしょうけどね。

 でも、やだなぁ~。種の絶滅を防ぐために、ほとんど仲間のいない時期に生まれてこなきゃいけない運命を背負わされるなんて……。長い間、土の中で孤独に耐え忍んだのに、地上に出てもまた孤独って。。。感情移入しちゃうよな~、そういうの。

 私自身、商売の時期を逸しているからそう思うのかもwww 高度経済成長期も、バブル景気も関係なし。大手新古書店が台頭するようになって、昔ながらの古本屋が危機に瀕しているこの時期に古本屋をやろうっていうんだもんな~(笑) ま、セミの社会も、人間社会も、他とはちょっとズレたヤツがいた方が面白い。……そう思うことにしています。

 ところで、このセミ。無事、どこかへ飛び立っていきました。苦しい時代に生まれても不平不満を言うでもなく、精一杯命を燃やすその姿に、私も大いに学ぶものがあったりして。。。

「たにまち」の準備ほぼ完了

 今日は、ひたすら「たにまち月1即売会」の準備。未整理の本の山から、本を選び出して値付けをして木箱に入れるって作業。ノンジャンルでとにかく出品ってスタンスで今回は臨むので、まぁそんなに時間はかかりません。ただ、自分なりに「100%新ネタ」って制限を課しているので、そこはちょっと大変かな?

 仕入量はそこそこあっても、その全部が全部、売り物になるわけじゃありません。傷みの激しい本、さほど値段の付けられない本といった類の本は、廃棄処分をするか、均一本コーナーに回すことにしています。こういうのはいくらあっても商品価値は高くないわけで、売上高を上げるには、それなりに値段の付けられる本がないとどうにもなりません。

 でも仕入れた本がどの程度商品になるのか……これって実は、本の整理を終えないと分からないって部分もあります。特に市で大量に購入した場合には、思惑とかなりズレる商品価値ってことはよくあるものですから、目利きを誤ったって場合には、売値が仕入値を割り込んでしまうってこともあります。う~ん、困ったものだ (^_^;)

 そんなわけで、未整理の本の山がドサっとあっても、果たして売り物になるかどうか。蓋を開けてみなけりゃわからないってドキドキ感は常に感じるものです。「100%新ネタ」ってのは、けっこう高いハードルなんですよ~。……って叫んでみても実はあまり意味はないかな。いい本があれば売れるし、つまらない本ばかりだったら閑古鳥。新ネタかどうかってのは古本屋の自己満足で、まぁ一般のお客さんにはどうでもいいことなのかもしれません。

 ともかくも1日がかりの作業で、何とか「たにまち」の出品準備はほぼ完了。店主の自己満足が、一般のお客さんにどう受け取られるか。結果は、来週金曜日には判明します。ドキドキ (^^)

古書会館へ荷物を引き取りに

 本日、古書会館に昨日の落札物を引き取りに。一部、そのまま廃棄処分したものもありましたが、ほとんどの品を持ち帰ることになりました。

 大量に仕入できたのは嬉しいですが、持ち帰りに苦労するってのは困ったところ。こういうのがしばしばあると、やっぱり大きい車が欲しいなぁ~って思いますね。ま、今の車が乗れなくなるまではしばらく我慢するしかないですが。。。 (^_^;)

 朝から激しく降っていた雨もようやく止んで、どうやら天気は回復傾向。そういえば今夜は七夕。天の川、見られますかね? 星に願いを……ってガラじゃありませんが、短冊に願いを書くとしたら

 ハイエース1台!

 って物欲に走りそうです。。。ロマンのカケラもないですねwww

本日、豊書会

 本日、豊書会。今日は、大量ゲット (^^)v 何とか、今度の「たにまち」即売会に出す品を確保できたかな?

 ただ、ちょっと誤算も。思いのほか落札できたので、ちょっと支払いが大変。。。 (^_^;) 早く即売会に持ち込んで、いくらかでも現金化しなきゃね。

 本当は、今日、出品もしようって思っていたんです。で、昨晩のうちに車に積み込んでいて準備万端でしたが……随分と遅刻して、出品に間に合いそうになかったので、結局、今日の出品は諦めることに。

 え!? なぜ遅れたか? ハハハ。なでしこJAPANの試合を見ていたからですよ。朝から気分がかなりブルーになってしまいましたがwww だってテレビをつけた段階で前半15分、4-0で日本の負けだったんだものな~。だったら、さっさとテレビを消して市会に向かえばよかったんですが、1度見てしまったら最後まで気になるのが国際試合の魅力ってものでしょうか(笑) 

 ま、当初の期待が大きかっただけに、なでしこJAPANは残念でしたが、あまり落とせないだろうな~ってさほど期待していなかっただけに、今日の市会の喜びはひとしお。いい1日だったと思います (^^) 明日もいい日でありますように!

マニュアルについて思うこと

 こんにちは、ロビンです。

 昨晩遅く、少し小腹がすいたので何か食料を求めに近所のコンビニへ。寝る前に無駄なカロリーを摂取するから太るんだよな~って反省はするのですが、たまにはいいかって甘い誘惑にかられ、買い物することにしたわけです。

 で、レジでの支払い時「お弁当は温めますか?」って店員に聞かれたのですが、でもソレ

 「ざるそば」なんですけど!

 冷たい気分を味わうためのざるそばを、温めてどないするっちゅうねん! 

 弁当みたいな商品が来た → あ、レンジでチンしなきゃいけないかな? → 急いで処理しなきゃ! ってな思考が瞬時になされたんだと思います。店員もすぐにミスに気付いて、はにかんでましたw まぁマニュアル指導の弊害ってヤツでしょうね。

 「マニュアル」なるものを手渡して、これに従って行動するようにと指導しておけば、未経験者でも、それなりのレベルの接客はできるようになるってことで確かにメリットはあります。一方、マニュアルを絶対視するあまり臨機応変な対応ができなくなるってデメリットもあります。

 コンビニの接客ってのはレジを通す → 金銭のやり取り → 袋に入れて手渡すってのが主な流れで、画一的に処理できる部分も多いですから、接客マニュアルを設けるのは合理的な発想でしょう。でも、それをマニュアル処理とお客に感じさせないレベルに使いこなせるようになるには、やはりそれなりの努力と経験がいるものだと思います。客の側で、「あ、コイツ、マニュアル的な会話しかできないヤツなんだ」って感じたら、サービス業としてはマイナス効果。そんな画一的な対応なんだったら、自販機で買ってるのと変わらないよ! って感じで。

 いや、最近の自販機の方が優れているかもしれません。河南町の事務所の近くにあるダイドーの自販機。ある日、何気なくそこで缶コーヒーを買ったのですが、

 おおきに~

 って、機械の側から親しみやすい声で挨拶してきたのです。もちろん、機械の側から一方的に声をかけるだけで、会話ができるレベルではありませんが、技術革新が進めばそのうちそういった機能も加えられるかもしれません。

 自販機で飲料を買うって目的の点からいえば、機械が喋ろうが黙っていようがどうでもいい話で、むしろ話しかけてくるなんて無駄な機能って思われるかもしれません。でも、ちょっとした楽しみではあります。実際、私は面白くなって、どれほど音声バリエーションがあるのかな? って確かめるつもりで、連日そこの自販機でコーヒーを買い続けましたw この自販機を作っているダイドーは、関西の会社。お笑い好きの多い、関西という風土が生み出した自販機なのかもしれません。

 で、先ほどのコンビニ店員の話。もっと頑張ってほしいって思いますね。自販機にすら負けています、厳しい意見ですが。レンジでチンする作業が加われば処理スピードは遅くなるので、そのことばかり頭の中で考えていて、だから客が持ってきたものが温めの必要な弁当なのか、それ以外のものなのか判断するってのを怠ったのでしょうね。夜遅かったので、疲れていたのかもしれませんが。

 要するに「マニュアル」なるものを与えて安心したつもりになっていても、接客の肝は「人間性」。多少スピードが遅くても、ドジなところがあっても、丁寧で誠実な仕事をしてくれる人だったら、あまり私はイライラしません。コンビニや飲食店のマニュアルも、まずはそういう部分を見直すよう書き改めた方がいいと思いますね。

 って、あまり人のことをエラソーにばかり言っていてもいけません。古本屋の話をしましょう。どなたの本だったか忘れましたが、古本屋になった方のエッセイか何かで本の値付けで悩んでいたところ、

 全部、定価の半額を付けておけば間違いない!

 って先輩から大胆なアドバイスをされたって話を読んだ記憶があります。今から随分と昔の話だったと思います。

 昔の古本屋は、「新刊本を買うより安い」ってのを売りにしているお店も多かったですから、確かにそういう需要のあるお店でしたら、定価の半額程度で売り出していればそこそこ利益は出せていたでしょう。そこでは「定価の半額」ってマニュアルは効果的なものだったと思います。

 でも、今ではこの金額じゃ売れないってのが定説(?)になっています。大型店が台頭してきたため。普通にあるような本を、半額程度で売っていたんじゃなかなか売れないんです。一方で、定価の半額どころか、定価よりウンと高い値段を付けても売れる本もあります。安くしても売れなかったり、高くしても買ってくれる人がいたり……こんなのはマニュアルでどうこうできる分野じゃないですね。

 結局のところ、古本屋の値付け方法にマニュアルなんてものは存在しませんし(ブックオフなどでは、バイト店員に値付けさせるためそういうものを作っているでしょうが)、あったとしても絶対的なものではありません。ある程度の常識、相場として一定の価格ラインを知っておく意味はありますが、最終的には店主の責任と判断で独自にアレンジして値付けするしかないって思っています。

 私も、自己流で工夫していますよ。実際、プロが見れば私の値付けの特色ってピンと来るようで、あるお店の方は、この前のオークでの即売会で私の棚を見て

 あれ? このあたりはロビンさんにしては、少し高めの値付けですね?

 って指摘されました。自分なりに考えて、ちょっと強気で売り出してみたジャンルがあったのです。で、それでも結構売れたのですから、やっぱり値付けに独自性を出すってのは大事なことだと思います。

 なかなかマニュアル化できない古本屋の値付けですが、ロビン流のそれを強いてマニュアル化すれば、

 いいって思う本は高く、それ以外はなるべく安く

 ってことでしょうか。こんなのマニュアルでも何でもないですねwww

たにまちの準備を進めていました

 昨日1日休んだだけあって、随分、体調は元通りに。いやぁ~、やっぱり健康ってありがたいものですね。

 というわけで復活したロビンは、今日は黙々と作業。今月に参加予定の「たにまち月1即売会」に向けての本を準備していました。う~ん、でもなぁ~……なかなか苦戦しています (>_<)

 前回の「たにまち」の時、何か「コレ!」ってテーマを決めて本を並べるのではなく、あれもこれも的な雑多な感じで本棚を作っていました。無節操な気もしますが、本が用意出来なかったので仕方ないかな、と。

 で、どうやら今回も雑多な感じになりそう。何か特定のジャンルに特化した棚を作った方が、お客さんへのアピールにはなると思うのですが、残念ながらまとまった量の新ネタが用意出来そうにないので、雑多な感じでお茶を濁そうかと。。。毎回、毎回、即売会の度に持ち込むネタに頭を悩ませるわけですから、良質な本を大量に在庫として抱えられたらどんなに楽かって夢にまで思いますねw

 でも、何でもありの雑多な感じってだけでしたら、せっかくのイベントに向けての古本屋としての「苦労」がないだろうって考えて、自分なりに一つ条件を設けました。それは、

 100%新ネタを持込むこと

 四天王寺でも、弁天町でも、おかげ館でも、とにかくどこの即売会にも持ち込んでいない本。今回が初お披露目の本だけを持込もうって思っています。ノンジャンルで統一感なく見苦しい棚になる分、目新しさだけは保ってお客さんの心をつかみたいな~って作戦なわけ。さてさて、うまくいくかどうか。

 もっとも「新ネタ」とはいっても、ウチの店で出すのが初めてってだけのことで、他のお店に並んでいるのを見たことがあるって場合もあるでしょうが、……う~ん、これはいかんともしがたい。古本屋ってものの性質上、そういうこともあり得ますので、その点はご容赦くださいませ m(__)m なるべく珍しい本も用意して、楽しめる棚づくりは心掛けますが。。。(^_^;)

 一応、予定では今回のところは100%新ネタで対応できるだけの在庫はあるはず。でも、ストック分まで新ネタで対応できるかどうかは未定。今後の買取や、市会での仕入次第ってところでしょうか。とにかく、いい本を集める! 今はこのことに集中したいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。