スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本の書込み

 本に書き込みがあると、たいていの店で買取価格はマイナスに
なります。ひどいときは、買取不可。書込みは、古本屋の扱い
としては、「汚れ」と同じなんですね。

 しかし、それもケースバイケース。学習参考書などの書込みは、
むしろ学習の理解を助けるものってことで、私はあまり査定額には
響かせないようにしています。
 そして売る場合も、購入者の便宜を考えて、鉛筆などで簡単に
消せる書込みであっても、あえて消さずに販売します(ただし、
書込みがあることは説明欄に記載します)。

 文学作品の場合、いい言葉だなって思ったところにラインを
引く人もいますね。巻末に、読了日や感想をメモしている人も
います。

 書込みがない方が、綺麗な本として売り出せますが、書込みも
またそれなりに、古本の「味」が出ているものです。前の所有者は
どんなことを考えて、この部分にラインを引いたのかな? とか、
自分と趣味の合う人なのかな? とか……そういった書込みから
色々と想像を膨らませるのも楽しいものです。

 そういった書込みを、一律に「汚れ」と判断して査定額をマイナス
する一般的な査定方法は、あまり誠実な買取り姿勢とは思えませんが、
でも購入する側は綺麗なものを欲しがりますからね。仕方ない面も
あるのかもしれません。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。