スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜も散り始め

 おはようございます、ロビンです。

 早いもので、桜も散り始めました。桜吹雪は風情がありますが、
でも葉桜ってあんまり美しくないなぁって思ってしまいます。

 花は盛りに、月はくまなきをのみ見るものかは。雨に向かひて
月を恋ひ、たれこめて春のゆくへ知らぬも、なほあはれに情け
深し。咲きぬべきほどの梢、散りしをれたる庭などこそ、見どころ
多けれ。
(「徒然草」137段より)

 桜は満開の時だけでなく、咲く前の梢や散ってしまった庭ですら
趣があるというのですから、さすが日本の文学史に名を残す人の
感受性は違いますね。兼好法師に言わせれば、

「あ~あ、桜も散ってしまったなぁ。もう見るところがないよ」

な~んて言う人は、風流を解さない人ということらしいです。
桜が咲く前から、いつ咲くかなってワクワクする気持ち。散った
のを見て美しく咲いていた頃を思い出す気持ち。こういう心が、
風情あるそうです。

 なるほど。そう言われれば、散った花びらもまた味わい深い気が
します。1年365日、移りゆく季節をそんな風情の目で見つめ
られれば楽しいかもしれませんね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。