スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万城目学「偉大なる、しゅららぼん」

 おはようございます、ロビンです。

 先月購入した本。
 万城目学「偉大なる、しゅららぼん」

 ネットショップオープン前後はバタバタしていて、なかなか読め
なかったですが、昨晩、一気に読破。面白かったです。

 設定が独創的ですね。不思議な力が使える「湖の民」。舞台が
琵琶湖ということも、関西人としては大いに楽しめました。

 ストーリーもいいですよ。ちょっとした記述が後々の伏線に
なっていたりして、しっかりアイデアが練られている様子が伝わ
ってきます。しかも「こういう感じで進んでいくのかな?」って先が
見えたと思ったら、意外な展開を見せたり……最近の人気作は
とにかく、読者の読みを外すってのが上手いですね。

 不思議な力を持つ一族の人間には、名前に「さんずい」が与え
られています。「涼介」の「涼」、「淡十郎」の「淡」、「清子」の「清」
……ってふうに、みな「さんずい」の漢字を使った名前。
 実は、私ロビンの本名にも「さんずい」が隠されています。私も
不思議な力が使えて、この物語の日出家のように商売で大成功
できたらなぁ~なんて思ったりして。。。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。