スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結城浩「数学文章作法」基礎編

 お勧め本を紹介。
 ・・・

 結城浩「数学文章作法 基礎編」(ちくま学芸文庫)

 ……タイトルに「数学」ってあるからって拒否反応を示さないで
ください。もちろん数学のことも書いてあるのですが、メインは
むしろ「文章作法」って部分。文章の書き方をレクチャーした
解説本です。

 「文章」に関する本なんですから、理系以外の人にも十分参考に
なります。読み手にわかりやすいように文章を書く技術について、
丁寧に書かれています。この本を読むと、思ったことを思った
とおりに伝えるってのは、なかなか技術がいるものだな~って
感じさせられます。私のブログはどうでしょう? 読みやすい
ものになっていますでしょうか? 時折はこの本を読み返して、
分かりやすい書き方に努めたいものです。

 さて、この著者の本でさらにお勧めのもの。「数学ガール」
シリーズ。ソフトバンククリエイティブから現在第5巻まで出て
います。もともとは1巻だけで完結させる予定だったものが、
好評につきシリーズ化されたものです。
 第2弾以降のテーマを見ると……

 第2弾「フェルマーの最終定理」
 第3弾「ゲーデルの不完全性定理」
 第4弾「乱択アルゴリズム」
 第5弾「ガロア理論」

 ……って具合に、こちらは完全に数学の本になっています。でも、
ご安心を。ホント分かりやすい文体ですし、どうしても難しかったら
数式部分は読み飛ばしても、それなりに論理の流れは追えますし、
ストーリーも楽しめます。

 最近は、中学・高校で習う数学をテーマにした「数学ガールの
秘密ノート」シリーズも刊行されています。また、コミック化も
されていますね。

 いずれも人気シリーズなので、なかなか古本屋の店頭に並ぶことは
少ないですが、デパートなどでよく行われる古本市では見つけられる
かもしれませんね。私は、昨年末の即売会で見かけた記憶があります
(もっとも、私は新刊図書で購入していたので、その時は買いません
でしたがwww)。

 読んだことない方は、古本で見かけたら一度買って読んでみて
ください。それで面白かったら、新刊書店に行って全巻揃えて
みてください。ありきたりの解説じゃなく、筆者の創意工夫がみられる
点も、私のお気に入りです。

 以上、お勧め本の紹介でした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。