スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

速読のススメ

 読むのが速い人を、羨ましいと思います。速く読めれば、
それだけ多くの本が読めることになりますからね。そんな
ふうに考える人が多いから、速読のレッスンを受ける人も
いるわけでしょう。

 私も、速読のレッスンを受けたことがあります。随分、
昔の話ですが。
 効果はありましたよ。レッスン開始前の3倍の速度で
読めるようになりました。でも、もともと私の読む速度は
遅かったですから、ホントはたいした成果じゃないのかも
しれません。それに目標は、もっと高いものでしたから。

 講師の方に設定していただいた目標は、レッスン前の10
倍の速度。ここまで来れば、空手で言えば黒帯。速読が
出来ると言って恥ずかしくないレベルです。私のは速読じゃ
ありません。ちょっと速いかな? ってレベル。

 それに、速読ってスポーツみたいなところがあって、練習を
怠るとすぐにスピードは落ちていきます。たゆまぬ訓練を
欠かさないと、本当に自分のものにするのは難しいみたい
ですね。

 今はまた元の状態に戻ったかも。いや、そこまでじゃない
かな?

 もともとの私の読むスピードは、毎分400字。原稿用紙
1枚程度を1分かけて読む速度でした。この速度は、相当
遅いです。少なくとも、本好きの人のなかでは、最低レベル
でしょう。

 それが訓練の結果、分速1,200字にまで上昇。原稿用紙3枚を
1分で読めるようになりました。これで、ようやく人並。もっと
訓練を続けて4,000字まで鍛え上げるのが目標でした。
 ただ、そこまでの速度を実現できる人は、わずかとのこと。
あくまで、そのレベルを目指して努力してください、ってこと
でした。それでも、努力次第で2,000字までは読めるようになる
とのことでしたから、もっと続けてそこまでは継続すればよかった
と、少し後悔しています。仕事が忙しくなって、自然と教室へ通う
足が遠のいてしまいました(>_<)

 より良い読書生活を過ごすには、たくさん本を読むか、良質な
本を読むかのいずれかが大事。たくさん読めば、それだけ良質な
本に出会う可能性も高まるのですから、やはり速く読めるに
こしたことはありません。

 読むのが遅いとお悩みの皆さん、訓練すればある程度までは、
スピードアップが期待できます。実際に教室に通うもよし、速読
に関する本を買ってきて独学でレッスンするもよし。一度は、
速読に挑戦してみることを、お勧めします。
 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。