スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

値札のない商品

 風格ある古書店を訪れると、値札のついていない商品が置いて
あることがあります。セットものなど場所を取るものが多く、
レジ横の棚やショーウィンドーなど目立つ場所に置かれることが
多いみたいですね。

 なぜ値札がないのか……まだ値付けしていないとか、付け忘れっ
てこともあるかもしれませんが、あえて値札を見せていない場合も
あります。


 理由その1。
 その本が店の看板商品で展示はしているが、本当は売るつもりが
ない。・・・そんなことも考えられますね。
 貴重な本だと飾っているだけで、店の雰囲気が出ます。そういった
店の顔として置いてあるだけで、店主もあまり売る気はない。そういう
商品です。求められれば売ることもあるかもしれませんが、積極的
には売り出さない。そんな場合もあるでしょう。

 値段を尋ねたけれど、ハッキリとした金額が提示されない・・・
そういったことがあったら、それはこのパターンの可能性大。店側と
しては、本当は売るつもりはないでしょうから、察してあげるのも
マナーかもしれません。どうしても欲しい品だったら、粘り強く交渉
してもいいでしょうが・・・w

 理由その2。
 地元で有名なお店の場合、近所の人がその店に古書を持ち込むって
ことは、けっこうあるはず。そうすると、ハッキリ金額表示していると
買値と売値の差額とかが、ミエミエになってしまう場合もあります。

 別に商売なんだから、買った値段にいくらか乗せて売り出すのは当たり
前。でも、顔の知れた地元の人には、あまりそのあたりを見せたくないな
~って配慮から、高額な品の場合、値札を付けていなかったり、尋ねられた
ときにだけ教えるってパターンもありえます。

 まぁいずれにせよ、値段を聞かないことにはお客としては買いようが
ないのですから、欲しい本があったら遠慮なく店主に尋ねてみましょう。
その時の反応を見て、売る気があるのか、飾っているだけなのか判断して
みてください。

 売値を決めるのは店主の権限。常連さんにはサービス価格で提供したい
……そういう思いから、値札を外している場合もあるかもしれませんね。
値段を聞いて驚くほど高額だったとしても、あまり憎まれ口もたたかず、
足しげく店に通うようにすれば、そのうち手に入れるチャンスはあるかも
しれませんよ。

 値札にみる古書店の心理を考察してみました。
 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。