スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行政の仕事って

 ここ数日、頭を悩ませていた問題とは、家の購入。実家のある
大阪府で手頃な物件があれば、購入しようということで、アチコチ
見ながら悩んだりしていたのです。

 で、大阪の業者に依頼して下見をしたのですが、とある業者の営業
マンがムチャクチャな説明しかしませんでした。下水道工事が整備
されていないことを隠していたり、敷地の境界や建物の瑕疵の存在など
曖昧な説明しかできません。

 あまりにも信頼できないと思ったので、この業者では決めないことに。
あとで知ったことですが、この業者、過去に大阪府から行政処分を
受けていたので、やっぱり信頼できない業者ということで間違い
なさそうです。

 私としては、悪徳業者に引っかからなかったので、そのまま放って
おいてもいいのですが、このムチャクチャぶりは、他の人に害を与え
ます。不動産取引ってのは高額ですから、この悪徳業者のせいで
人生が狂ってしまう人も出てくるかもしれません。

 そう思ったので、大阪府の不動産業者を取り締まる役所に電話を
入れました。建築振興課という部署です。ところが、この役所の
説明は理解に苦しむものでした。

 お金を払っていない以上、取り締まれません!

 そんなバカな。金を払わなかったのは、こちら側に業者の悪質性を
見抜く目があっただけのこと(私は宅建主任者の資格を持っています
し、過去不動産会社で働いていたこともあります)。こんな悪徳業者に
お金を払ったら、余計、被害は拡大しますよ。

 私としては、今後この業者に関わることもないですし、行政にも参考
までにと情報を提供したのに、全然仕事をする気がないのですから、もう
どうでもいいですけどネ……。

 不動産取引を考えている皆さん。悪質な業者に引っかかっても、行政は
助けてくれるとは限りません。大きなお金です。自分の身は自分で守る。
怪しいなと思ったら、そんな業者とは絶対に契約してはいけません。

 大阪府の対応を見ていると、これでは法治国家ならぬ放置国家だな
……そう思えてきました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。