スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本のクリーニング

 先日、大量の買取がありました。珍しい本も多く、いい買取が
できたと思っています。ただ、少し問題もありました。

 それは、本の汚れがひどいこと。長期間読まないで保管して
いたために、随分とホコリをかぶっています。破れはあまり
ありませんでしたが、ヤケや書き込みは目立ちました。
 ヤケや書き込みがあっても、当店では気にせず販売しています。
本の価値は中身で決まる。ヤケや書き込みがあっても、読むのに
支障なければ、本としては商品価値があるって考えからです。

 でも、さすがに、ホコリをそのままにしておくわけにはいきません。
ホコリがあっても中身に変化はありませんが、本を持つ手がざらつく
など不快感があります。読書に集中できませんね。不潔感もあり
ますし、商品の見えないネット販売で、ホコリまみれの品を送ったら
クレームの原因にもなりそうです。

 というわけで、せっせとクリーニング。できる限り汚れを落とす
よう努力しました。1冊、2冊ならどうってことない作業ですが、
数百冊単位でクリーニングするわけですから、ちょっぴりキツイ……。
黙々と手を動かしていますが、少々ウツ気味にwww

 努力の甲斐あって随分、綺麗になりました。クリーニング前と後で
写真を撮って、どれだけ変わったか皆さんに見てもらおうと思って
いたのですが、写メを撮り忘れました(>_<) 今度汚れた本を入荷
した際には、忘れず記録を取りたいと思います。

 汚れた本をクリーニングする。これも古本屋の大事な仕事なんです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。