スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裸本

 裸本って言葉があります。「はだかほん」または「はだかぼん」って
読みます。表紙カバーの紛失した本のことを、こう呼びます。エッチな
本のことではありません(笑)

 私は、新刊本を買った際、なるべく綺麗に保管しようと思います。が、
世の中には色々な人がいて、読むのに表紙カバーなんて邪魔なだけだと
すぐさま捨ててしまう人もいます。
 確かに、学習参考書など何度も読み返す本だと、表紙カバーは邪魔に
感じることもあります。それに表紙カバーを外して、裸で持ち歩く方が
何となく勉強している気になったりするもんですwww

 本の読み方なんて、人それぞれ。どのように読もうと自由ですが、
古書店主の立場から言わせてもらえば、なるべく表紙カバーはつけた
ままの状態で読んでほしいとは思います。表紙カバーの欠けた裸本は、
市場価値が落ちるのが一般的だからです。

 表紙カバーがないと、本体に汚れやキズがつきやすくなります。それに
見栄えも悪くなりますね。パラパラとめくれるから邪魔になるのであれば、
表紙カバーの折り返し部分を本体にテープ止めするって方法もありますね。
これもテープの止め跡が残るので、古本屋としてはあまりありがたくは
ないですが、それでも裸本よりか幾分ましです。

 古本屋に売る場合も、裸本だと買取不可って店が多いと思います。
私は、なるべく値段をつけるようにしていますが、それでも高額では
買取れません。いくらいい本でも、市場価格を無視した値付けは
しにくいからです。

 本を読む際は、なるべく表紙カバーも大事に扱ってほしい……。古本屋
からのお願いでした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。