スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 新刊で本を買った際、本の下部に長い紙が巻きつけられている
ことがあります。購買意欲をそそるため、有名人の推薦文で
あったり、キャッチコピーが書かれたりしているものです。

 主として宣伝効果を高めるために付けられているもので「帯」
(おび)といいます。「腰帯」(こしおび)って表現もあります。

 古本屋の目録を見ていて「帯」とか「帯あり」って書かれていれば、
それは帯が紛失していませんってこと。比較的、状態のいい本だって
推測ができますね。

 表紙カバーの場合と違って、帯は紛失していても、古書店での買取に
ほとんど影響ありません。本そのものではないですから。それに、帯の
紛失した本だけを見ても、その本がもとから帯のなかった本か、それ
とも帯の紛失した本かなんてことは、たいていの場合わかりません。
 たま~に、全集ものの本で、配本途中から帯を付けなくなるってことが
あるみたいですが、それも不恰好なだけ。帯がないから買取額を減額って
ことはフツーいたしません。

 でも、帯が決定的な価値を持つ場合もあります。同じ本でも、発行
時期によって帯のデザインは異なるもの。コレクターの中には、いつの
時期のどんな帯、ってことにまでこだわって収集をする人もいます。
よっぽど古いものでしたら、本体とは別に帯だけで取引の対象となる
ことも。

 宣伝目的のものなのですから、購入してしまえば帯は用済み。別に
あってもなくてもいいものなんですが、ヒョンなことから価値が
でたりしますので、なるべくなら大事にとっておいた方がいいとは
思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。