スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古物商許可申請

 昨日は、大阪府公安委員会に古物商の許可申請。既に、兵庫県では
許可を受け営業していますが、営業所の移転に伴い、大阪府で申請
することに。

 添付書類も揃え、無事、申請は受理されました。1度作成したことの
ある書類なので、記入方法もそれほど悩むことはありませんでした。
ただ、既に許可を受けているので、大阪で許可が下り次第、兵庫県には
許可証を返納しますって誓約書のようなもの(「理由書」って題名
でした)を一筆書き添えました。

 私は、兵庫県で管理者として申請していますが、大阪府でも管理者と
して申請します。でも、管理者は複数の営業所を担当することができない
って決まりがあるので、このままだと大阪府は不許可になってしまいます。
 そこで、そういう事態を回避するため、大阪で許可が出たら、兵庫は
許可を返納して、大阪一本で頑張りますって誓約をしたわけです。

 そんな面倒なことをするぐらいなら、最初に兵庫県の許可証を返納
すれば手続きは簡単なんですが、そうすると大阪府で許可が下りるまで
買取ができなくなります。許可申請をしても、その場で許可されるわけ
じゃなく、許可が下りるまでにはタイムラグがありますからね。その
買取期間の空白を生じさせないための措置でした。

 許可が下りるまでの目安の期間は40日とのこと。大阪府の許可番号で
営業するのは、当分先の話ですが、今はいつ許可が下りてもいいように、
営業所移転の準備をせっせと進めています。許可が下りる日を、待ち遠しく
思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。