スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「美味しんぼ」論争について

 人気漫画「美味しんぼ」の描写が、物議を醸しています。ただの
漫画の描写なのに、政治家がクレームをつけるなど異例の事態に。

 ご存じない方のために概略だけご説明しますと、ビッグコミック
スピリッツ(小学館)で連載中の漫画「美味しんぼ」の主人公が
福島県を訪れたところ、鼻血が出るなどして、放射能の影響を
示唆する表現をしたというものです。

 これが、福島県の風評被害につながると論争を巻き起こしている
のです。論争といっても、どうやら批判的主張の方が声高で、作者を
擁護する声はあまり聞かれません。 「科学的でない」と、どこのメディア
でも概ね批判的に報道しているようですね。

 でも、問題の本質は、このような描写が科学的かどうかということ
ではないはずです。作中でも述べられているのですが、

 国や東電のいうことは信用できない

 ……これが、一番の本質です。閣僚がいくら科学的データを盾に
原発は安心です、安全ですといっても、実際に事故は起こってしまった
わけです。いわばオオカミ少年状態。その言葉が信用できなくなっている
ことに、今の問題があるのです。

 情報公開をしていく、といっても特定秘密保護法案は可決されました。
原発なんて、テロに狙われたら安全保障の根幹を覆しかねないのです
から、そこの情報がスイスイと国民に提供されるとは思えないのですが
……。

 とはいえ、福島の人たちからすれば、悪い評判が立てば復興の足かせ
になりかねません。風評被害を防ぐためにも、あまり不安をあおるような
漫画は描かないでほしいって気持ちもあるでしょう。

 しかし、これは仕方のないことです。消費者心理として、あえて危険かも
しれない農産物を食べたくないってのは、決して責めることはできない
でしょう。もちろん、褒められた態度でもありませんが。

 どんな商売でも、自分の店を悪く言う人はいますし、ライバル店をいいと
思う人もいます。これは自由競争なんだから仕方ないこと。いくら、街の
小さな古本屋の経営を脅かす存在だからって、古書店主が、大型店に
営業するな、街から出て行けっていっても、それは通らない主張でしょ? 
同じこと。福島県を悪く思う人がいても、それはその人の自由。偏見だ、
差別だ、風評被害だと騒ぐこと自体がナンセンスです。

 福島の人にとっては、悔しい思いもあるかも知れませんが、その思いは
漫画の作者にぶつけるのではなく、美味しい特産物を作ることに注ぐべき
です。本当に安全で美味しいものならば、やがては風評被害なんて消えて
しまうはず。これこそが、ビジネスの王道でしょう。

 なお、念のため・・・・・・。「美味しんぼ」が科学的かどうかで論争するのは
意味のないことですが、私の個人的体験から言わせてもらえば、福島を
訪れたからといって鼻血が出るってことはありません。現に、私は事故後に
福島を訪れていますが、鼻血なんか出ていません。街の人々も鼻血を
タラタラ流しているってことはなかったですよ。

 でも、「絶対に」放射能の影響が何もないかっていわれると、「ない」って
答える方が非科学的だと思います。「よく分からない」ってのが、現状なん
ですから。影響があるかも知れないし、ないかも知れない。それが本当の
ところだと思います。

 ある程度の年数が経てば、統計も取れるかもしれませんね。たとえば、
他の地域に比べ、福島での発がん率や奇形児の生まれる割合が高いって
なれば、放射能との因果関係を疑うのは自然でしょう。
 でも、そのような統計学上明らかなデータがない場合でも、ガンを発症した
人間にとっては、一大事です。因果関係が「不明」なだけで、「無い」とは断定
できないのですから。

 漫画なんて、フィクションも織り交ぜて構成するもの。そんなものに、目くじら
立てて抗議する政治家を見ていると、余計国民は不安になってくる気がする
のですが。子供の頃、「ドラゴンボール」が流行って、「かめはめ波」のマネを
して、よく遊んだものです。政治家さんは、まさか「かめはめ波」にも、非科学的
だって抗議するのでしょうか? だとすれば、この国は相当危ないですねw
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。