スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライバル店の買取について

 営業所移転の準備として、在庫の整理を進行中。ダブついている本、
長期間売れ残っている本、あまり力を入れていない本・・・こういった本の
大幅な在庫処分も手掛けています。

 手っ取り早く、この前新規オープンした大型店に持込み。コツコツと自分で
売った方が利益率は高いですが、手間もかかりますし、はやく在庫整理をしたい
ので、仕方ないです。背に腹は代えられぬってほど切羽詰まっていませんが、
ライバル店の買取価格を調査する意味も兼ねて、売りに行ったわけです。

 結果……他の系列店に比べ、まずまずの買取額でした。新規オープンした
ばかりで、まだ在庫が品薄状態なのかもしれません。
 ならばいっそのことと思い、長期間売れ残っている美術全集や文学全集も
買取ってくれないかな~って思って、尋ねてみました。 すると、状態さえ
よければ買取るとのこと。でも、買取額は控え目な額でした。

 美術書は、バラで店売りすれば、好きな画家の本だけでも買いたいって人に
売れる可能性はありますが、ネット販売はかなり苦労します。売れないこともない
ですが、時間がかかりますし、大型本なので送料の負担も大きくなり、販売価格は
そこまで高くできません。

 というわけで、買取ってもらえるなら処分しちゃおうと決意。ただ、重たいので
店まで持ち込む気にはなれません。出張買取してくれと言ったところ、なんと
そのお店では出張買取はしていないとのこと。店への持込みを買うだけだと
いうのです。

 いくら大型店とはいえ、そんな殿様商売でいいのかな? ヨソ様の店のことながら、
心配になりました。その店は駅前すぐという好立地ではありますが、ショッピング
モールの2F。駐車場からも離れていますし、お客さんが本を持込むには、何かと
苦労するところなのです。

 駅からすぐのところにあるのですが、交通費をかけてまで買取ってもらおうと
やって来るお客さんはそんなに多くないでしょうし、仮にいたとしてもせいぜい
紙袋に1袋ってところでしょう。大量の買付なんてできそうにありません。

 チェーン店ですから、在庫が少なくなったら、本部に発注して余剰在庫を送って
もらうのでしょうか? としても、グループ全体で余っている本を送られても、やはり
売れ残る公算が大。それに、そこのお店は本部直営店ではなくフランチャイズ
加盟店でしたので、本部からの仕入れにもお金がかかるでしょうし、加盟料の
負担もあるはずです。

 今のところ、立地がいいのでお客さんは多いみたいですが、あまり仕入に
力を入れないその経営方針には、少し驚きました。よく、それで経営が成り立つ
な・・・って。でも、出張買取をした際にかかる人件費、燃料費等のコストを
考えれば、仕入値がかさんでも販売に力を入れたらいいって戦略なんでしょう。
コストを下げるのではなく、売上を増やして儲けを出そうって作戦ですね。

 当店は無店舗。お客さんの持込みなんて期待できませんので、こちらから
せっせと出張するって発想しかなかったのですが、意外と、出張買取を行って
いない業者は多いのかもしれません。組合に加盟している店でしたら、業者市
で仕入が可能なわけですし。

 同じ古本屋でも、立地や経営規模によって、買取に対するスタンスは大きく
異なるということを、実感しました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。