スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中古CDを買った体験から

 ゲームやCDを私の店で売らないのは、私の知識不足が
原因。でも、仮にしっかり勉強しても、色々と難しい部分が
あるなって気もしています。

 一番の問題は、商品の状態確認の問題。本の場合でしたら、
パラパラとページをめくれば、書込みや汚れ、ヤケの状態は
確認できます。全部読まなくても、商品の品質を調べることは
できるわけです。

 ところが、ゲームやCDの場合、そんな簡単なものではあり
ません。歌詞カードが紛失していないか、目立つ汚れやキズは
ないか……その程度でしたら、パッと見て分かりますが、本当に
再生可能かどうかは聴いてみないと分かりません。1時間のCD
を全部聴いていたら……とてもとても商品の仕入れに販売が追い
つきません。

 ですので、たいていの店ではCDやゲームは再生確認しない
でしょうし、したとしても全部確認なんてできるはずもなく、
せいぜい数分間ってところでしょう。

 その程度の確認でも、たいていの商品には問題がありません。
いわば「問題ないだろう」「無事、再生できるだろう」って見込み
販売なわけですが、実際、たいていは問題にならないのですから、
それでもいいのでしょう。

 万が一不良品が紛れ込んでいた場合、クレームにつながります
が、大半の店では、返金対応するんじゃないでしょうか? 実際
に店舗を構えているお店はそういう対応が可能ですが、ネット
ショップの場合、返品・返金にもお金がかかります。不良品の
可能性があるなら、なるべく扱わない方がいい……私は、そう
考えてしまいますね。

 よくCDを聴く方ならご存知だと思いますが、CDって結構
劣化が激しいです。本なら10年前のものでも読むのに何の
問題もないことがほとんどですが、10年前のCDだと音が
飛んだり、ノイズが入ったりすることも多いです。

 そんなCDも研磨すれば聴けるようになるそうですが、その
手間、コストを考えれば、本当に中古CDって商売として割が
いいのかなって疑問に思っています。よほど音楽が好きで、
詳しいって人でないと仕入値段もミスしそうですし。。。

 そういえば思い出したこと。学生時代、下宿の近くに本屋が
ありました。そこのお店は、本は新刊を扱っていますが、副業的
に中古のCDも置くようになっていました。その店で、私は
懐かしのCDを発見し、購入したことがあります。

 ところが……ひどいものでした。音飛びがひどく、とても
聴けたものじゃありません。本は、書いてある情報に価値がある
もの。多少汚くなっても、読めればOKですが、CDは違います。
「快適に」聴くことができなければ、それは不良品。音楽好きの
人は、「中古だから」「安いから」って理由で、音質の悪いCDを
売りつけても許してはくれません。

 おそらく、そこの店の主人は、あまりCDの知識を持っていな
かったのだと思います。ちょっとでも店の収益を上げようと努力は
したのだと思いますが、あまり評判は芳しくなかったようで、
すぐさまCDコーナーはなくなっていました。

 こういった自分の経験もあるものですから、なかなかCDを扱う
勇気は持てないでいます。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。