スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画は麻薬

 古本屋が本以外の商品を扱うのには、注意が必要。そんな
話をしてきました。

 でも、ゲームやCDだけじゃありません。本であっても、
扱いに気を付けなければいけないものもあります。それは、
漫画や人気作家の本です。

 
 え!? それって古本屋の主力商品じゃないの? ……
そう思われる方も多いでしょう。その通り。これらはよく
売れます。今までネットでのみ販売してきた私も、その
ことは実感できます。リアル店舗を構えている方でしたら、
100円均一本で不揃いのコミックや文庫本を販売することも
できますから、単価は安くても、チリも積もれば何とやら
で、けっこう馬鹿にならない金額を稼げることでしょう。

 でも……だからこそ、危険なのです。これらの商品は、
大手新古書店の主力商品でもあるのです。
 最新刊が安く読める……一昔前は、そんなことが古本屋の
「売り」になる時代がありました。でも、もうそんな時代
ではありません。大型店では、最新刊が街の古本屋より安く
買えますし、個人間でやり取りするネットオークションなら
もっと安く買える場合だってあります。

 近年、街の古本屋はどんどん潰れていっていますが、そんな
店の大半は、漫画や人気作家の最新刊を主力商品としている
店です。大型店との価格競争に、負けてしまっているのです。

 正直に告白します。私も、コミック類の売上の大きさに
驚いて、主力をそちらに移行しようかと思った時期があり
ました。面白いように売れたのです。

 しかし、ネットショップという特性から、コミック一本では
リスクが大きいと判断し、そこまで力を入れることはしません
でした。店舗売りの場合と違って、ネット販売の場合には、
コミック類のセットものは梱包の手間もかかりますし、かさばる
ので保管にかかる費用を計算に入れれば、そこまで利益率の
高い商品じゃないって判断したからです。

 利益率云々の部分は異論もあるかも知れませんが、でも少なく
とも断言できること。今現在、元気な古本屋さんは、コミック
以外にも「売り」を持っている店ばかりです。それどころか、
コミック類は一切扱っていないってお店も少なくありません。

 老舗の古本屋さんでコミックを扱っていないところの場合、
「漫画なんて置いたら店の風格が落ちる」って偏見もある
かもしれませんが、漫画がいいか悪いかってことよりも、
漫画を売りにできるかどうかって考えたら、なかなか多くの
個人店では、大型店にかなわないんじゃないでしょうか?

 商売をしていたら、現金収入はありがたいもの。実際、漫画は
よく売れます。だから、ありがたい。人気漫画を多く扱いたい
って気持ちは、よく分かります。でも、人気はすぐに廃れるもの。
売り時を逃せば、大量の在庫を抱えて身動き取れなくなるって
ことも……。

 現金化しやすいから、扱いたくなる。でも、単に利益を追い
求めるだけで、自分はどんな店にしていきたいのかってビジョン
がなければ、やがては行き詰まります。自分の価値観ではなく、
世間の価値観でビジネスをすることになるからです。

 私自身、漫画を扱って思ったこと。

 漫画は、麻薬

 大袈裟な話ではありません。ゲームやCDを扱って潰れた古本屋
より、漫画に力を入れて潰れた店の方が多いのです。簡単に現金化
できる……これは魅力的ですが、商売の努力を怠れば、やがては
自らを蝕んでいくもの。安易な道に走るのは、厳に戒めねば
なりません。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。