スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自炊とは

 先日、買取に伺った際の話。持ち主の方と、しばし雑談。その中で、
本の自炊に関する話題が出ました。

 自炊って、何ですか?

 もちろん、その方も「自炊」って言葉の意味は知っているはず。ただ、
「本を自炊する」って文脈で出てきた際の、「自炊」って言葉の意味を
ご存知なかったみたいです。比較的、新しい言葉なので、ご存知ない
のも無理はありません。



 自炊とは、本を裁断してスキャナなどで読み込み、本の内容を電子化
することです。電子書籍として販売されているものを購入するのでは
なく、自分の本を自ら電子化することから、「自炊」って呼ばれるように
なりました。

 近年では、自炊を代行する業者まで出現。他人に頼んだら、もはや
「自炊」ではないのでは? ってツッコミはひとまず置いておくとして、
このような自炊代行業者は著作権法に違反するのではないかって
問題も議論されています。

 倫理上の問題を考えず、純粋に法的な問題としてとらえるなら、私
個人の見解としては、自炊代行は違法なものではないと考えます。
でも、実際に裁判で争われ、裁判所は「違法」って認定しましたので、
代行業に参入しようとしている方はやめた方が無難かも(ただし、地裁
レベルでの判決だけ。最高裁で、どう判断されるかは現段階では未知数
です)。

 ちなみに、代行業に頼るのではなく、完全に自前で行う自炊は、現行法で
適法であるということに、争いはありません(もちろん、自己利用目的に
限ります。電子化したものを販売するってなれば、明確に著作権法違反
です)。

 まぁ法律上、適法か違法かは、弁護士なり裁判官なりが一所懸命考え
てくれればいいこと。古本屋の店主として「自炊」への見解を求められれば
・・・・・・

 やめて欲しい!

 ・・・・・・とは、思います。だって、せっかく立派な装丁のされている本を
裁断するんですよ。本の気持ちになれば、残酷な気がします。バラバラ
殺人みたいじゃないですか。

 確かに、データだけ保存した方が、場所もとらないですし、合理的と言えば
合理的ではあります。でも、紙の本には、情報だけではない、「何か」が染み
ついている気がします。そんな「何か」を問答無用で削り落とす「自炊」は、
決していい行為とは思えません。少なくとも、本が好きな人は、自炊に
手を染めないでいただきたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。