スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷川浩司/井山裕太「勝運をつかむ」

 お薦め本、紹介。

 谷川浩司/井山裕太「勝運をつかむ」

 囲碁・将棋ファンの一人として、書店で見かけ迷わず購入。一気に読破しました。

 一応、囲碁・将棋を知らない方のためにご説明しますと、谷川さんは将棋のプロ。
数々のタイトルを獲得してきた一流棋士で、現在は日本将棋連盟の会長職を務めて
います。
 一方、井山さんは囲碁のプロ。夢の七冠こそ逃したものの現在、六冠王。国際棋戦
でも活躍する、我が国を代表する若手棋士です。

 この本は、そんなお二人の勝負や、修行についての言葉をまとめたもの。最終章
では、お二人の対談も収録されています。プロ棋士の本ではありますが、囲碁や
将棋の専門書ではなく、どちらかといえば自己啓発的な本。
 こういった啓発本を毛嫌いする方もいますが、人生で思い悩んだとき、ビジネスや
勝負の世界で成功している人の言葉に耳を傾けるってのは、けっこう効果的じゃない
かって思います。もちろん、時代も、才能も、環境も全く違うのですから、ある人が
成功した方法だからといって自分も成功するってほど単純なものではないでしょうが、
でも、やはり一流の人の言葉って、それなりに人を魅了するエッセンスみたいな
ものは感じさせます。

 この本の中で出てくる井山六冠の言葉。

 ・・・プロになることはものすごく大変なことです。プロになれず辞めていく人の方が
圧倒的に多いのです。そこを突破してプロになったのです。しかし、プロになった
ことがゴールではなく、本当はここからがスタートです。そして、そこからの人生の
方がもっと長いのです。
 だから大事なことは、プロになってからどれほど継続的に頑張って勉強できるか
です。・・・


 考えてみれば、古本屋ってなりたければ誰でも簡単になれる商売。囲碁や将棋の
プロのように、なるための試験があるわけでもないですし、ホント簡単に就ける商売
ですよ。でも、そこから先。古本屋になってからも継続的な勉強が必要・・・ってのは、
囲碁のプロの世界と同じ。商品の知識、流行作家の知識、経営のノウハウ・・・学ぶ
ことはたくさんあります。

 どんな仕事も、その道を究めようとすれば、結局、勉強しかありません。いつまでも、
日々勉強。この勉強を怠れば、やがては取り残されます。勝負の世界も、ビジネスの
世界もそこは同じ。残酷なまでの弱肉強食が徹底されています。
 私の店はどうでしょうか? 日々成長し続ける店であれるか、それともその他大勢の
一人に埋もれ、さほど存在感を示せないまま、すぐに消えゆくのか・・・井山さんの言葉を
しっかり胸に刻み、たゆまぬ精進を続けていきたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。