スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商売の不思議

 ネットショップに限らず、物を「売る」ってのは、なかなか奇妙な現象が
伴うものです。特に、古本屋の場合は、その傾向が顕著だと思います。

 売れるわけないと思っていた商品が売れたり、逆に絶対売れるって思って
いた商品が売れ残ったり。値付けを失敗しているっていわれればそれまで
ですが、こういった自分の思惑と異なる現象が起こったときに、しっかりその
原因を見極めないと、次回、次々回の値付けで失敗をしてしまう可能性も
あります。

 売れないと思っていたのに、売れた場合。わ~い、ラッキーってだけでは
駄目です。自分にとって興味のない本でも、意外とコアなファンがいる分野
なのかもしれません。すると、売れたとはいえ、案外値付けが甘かったって
場合もあるかも知れません。
 古本屋は、商品の売行きがいいからといって同じ商品を卸業者から仕入れて
くるってことはできないのですから、しっかり適正価格で販売しないと、利益を
生み出すことができません。売れた場合も、需要と供給を見定め、本当にその
価格が妥当だったのかの研究は怠れないものです。

 商品1品あたりの利益を増やすには、高い値段を付けるってのが一番簡単な
方法。でも、そうすると当然のことながら、売れ行きは鈍ります。売れないから
って値下げをすると、・・・確かに売れるかもしれませんが、そうなれば今度は
お客さんも学習します。値下げを期待して、最初高い値段で売り出しても、
なかなか買い手がつかないってこともあり得ます。
 売行きをみながら、値付けを改善していく・・・地道な作業ですが、これも古本屋の
大切な業務の一つだと思っています。

 相場の「不思議」ってのもあります。オークション方式で売り出した場合、思った
以上の高値で売れることもありますし、相場の半額以下で欲しい本が手に入る
こともあります。アマゾンやヤフオクなどで、一応もっともらしい「相場」というのは
形成されますが、これはあくまで参考価格。相場以上の値段で売れることもあれば、
相場の半額でも売れないこともあります。

 なぜ、売れたのか? なぜ、売れないのか? それが分かれば、商売は
苦労しませんが、なかなか考えても理解に苦しむこともあるものです。そこが
商売の難しいところでもあり、また面白いところでもあるのでしょう。日々、自分
なりに解答を模索しながら、業務に励んでいます。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。