スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古本の値段と買い方

 新刊書籍は全国どこでも同じ値段で買えますが、古本の場合、
店によって同じタイトルでも値段が違うってことはよくあります。
また同じ店でも、手頃な値段で売り出されている商品もあれば、
なかなか手が出せない価格帯のものもあるでしょう。

 そんな古本の値段と買い方を見ていると、人の個性が出ている
気がして面白いものです。
 100円均一の安い本で、面白い本や掘り出し物を見つけることに
喜びを感じる人。逆に、何万円(時にはそれ以上)もする高価な
本を買い求め、高額商品を所有しているってステータスに快感を
感じる人。
 両極端な二人のパターン。でも、どちらも本好きという点では、
共通するのでしょうね。

 私のイメージ。
 関西の方は、比較的、お得な商品を求めることが好きなように
思います。大阪のおばちゃんに、

「コレ、なんぼしたと思う?」

 って聞かれたら、間違っても購入金額より安い値段を答えてしまっては
いけません(笑) 5,000円はするものを3,000円で買えた。いい買い物を
したってことに満足感を感じるタイプの人が多いのですから、高そうな
品だけどお手頃な値段で買えたってことが大事なんです。
 こんな方たちは、古本でも100円~200円のお手頃価格の本の中から、
素敵な商品を発見できたときに嬉しくなるのでしょう、きっと。高額
商品の棚は見向きもしません。

 でも、高額商品を買い求める人は、ちょっと傾向が違うかも。どうしても
必要な資料で、他所ではなかなか手に入らないから仕方なく高額で買い求める
って方もいるでしょうが、中には、本の中身は関係なし。高い本を買い漁る
って行為が大事な人もいます。こういう方の心理は、ブランド品を身につけたい
って心理と似ているかもしれません。

 古本との接し方は、人それぞれ。どちらが正しいというものではありません。
安い本でも、購入後何度も読み返され、その人にとってかけがえのない本に
なることもあるでしょう。そういう素敵な本との出会いの確率を高めるって
意味では、安い棚を渡り歩くのが一番かもしれません。

 でも、古本屋の経営の観点からいえば、高額商品も売れて欲しいとは思う
ところ。だからといって、買ってさえくれればいいかっていうと、全く読まれる
こともなく、ただ単に物欲を満たす存在としてだけ本が扱われるのもどうかと
思います。

 バランスよく、両タイプのお客様に愛される店を作りたいですが、……
う~ん、難しいところですね。色々、自分なりに工夫を重ねたいです。


PS・今回、初めて公開日時を指定して投稿するって機能を試して
  みました。無事、公開できているかな?
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。