スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自販機のお茶

 今日はいい天気。外に出ると汗が流れ、喉の渇きをおぼえ、つい
自販機でお茶を購入。緑茶の冷たいの。う~ん、美味し!

 ふと思ったこと。私の子供時代には、自販機でお茶を購入することは
まずなかったです。家で飲めるものをわざわざ高いお金を払って購入する
ことはないだろって風潮で、メーカー側もあまりお茶は作ってなかったみたい
です。

 断言はできませんが、お茶が自販機で売られるようになったのは、たぶん
サントリーの「烏龍茶」が最初じゃなかったかな? 今でこそごく普通の商品
ですが、この商品の出始めの頃は烏龍茶なんて知らない人も多かったはず。

 何、ソレ? 中国のお茶?

 物珍しさもあって売れ行きは好調。今に至っても売れているロングセラー
商品になりました。不思議なのは、その味。初めて飲んだときは、すごい
苦みを感じた気がするのですが、今はスッキリ爽やかな飲み心地ですよね。
何でだろ? 私の気のせいか、それともサントリーさんが味を改良したのか。

 もう一つ、自販機で売られているお茶で思い出すのが伊藤園の「お~い
お茶」。日本茶のトップブランドです。これも画期的な商品でした。
 何がすごいって、緑茶を冷やして飲むって発想。お茶は熱いのが当たり前。
麦茶じゃないんだから、緑茶を冷たくしても美味いはずがない! って思い込ん
でいました。だから、この商品を口にするまで、随分時間を要したものですwww 

 でも・・・試してみたら、美味しいですね。喉の渇きを潤すのに、麦茶に負けぬ
魅力があります。何でも頭からダメって決めつけると、人生、損をしますね。

 サントリー「烏龍茶」や伊藤園「お~いお茶」がヒットして、たかがお茶なのに、
わざわざ自販機で買うってことが珍しくなくなりました。今では水すら売って
いますね。・・・自販機のお茶を飲みながら、そんなことを考えていました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。