スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売れるとは何か?

 古本屋がお客さんから本を買取るとき、一番気にすることは、

 この本が売れるか?

 ってことです。売れる本なら多少高くても買うし、売れない本なら
そんなに買取額は上げられない。・・・こういう図式になっています。

 理屈はいたってシンプルなんですが、ここで一つ疑問が出てきます。
それは、

 売れるってどういうこと?

 って疑問。え? そんなの分かりきっている。誰かがその本を買って
くれるかどうかってことだろ? ってお思いの皆さん、確かにそうなん
ですが、売れる条件ってものが大事になってくるのです。

 私の経験から学んだこと。どんな本でも、時間をかけて売る。値段を
下げて売る。ってことをしていけば、やがては売れるもの。これはほぼ
間違いありません。

 そりゃそうです。古本屋が仕入れる本は、もともと新刊本として本屋に
並んでいた本ばかり。それらを定価で買っている人がいたわけです。
1,000円、2,000円の定価を支払っても欲しいって思う人がいたってこと。
それを古本屋ではたいていの場合、定価以下で売り出しますから、
100円でも200円でもドンドン値段を下げていけば、やがては売れるのは
当たり前のことなんです。

 それに、最近では本のサイクルが目まぐるしいです。新刊本も書店に
流通しているのはわずかな期間。せいぜい数か月もすれば絶版になり、
入手困難になるってことも少なくありません。ですから、その本を本当に
欲しいって思う人が現れても、その時には既に市場からなくなっている
ってこともあるわけで、必要とする人が現れるまで根気よく何年も売り
出していれば、ほとんどの本は売れてゆくわけです。

 要するに時間をかければ、電話帳やありきたりの雑誌といったように
もともとの商品価値が低いもの以外は、どんな本も売れるもの。
 しかし、商売をする上では、そんな悠長なことを言っていられません。
売り出す手間もコストのうちなので、売れるのに苦労すれば原価割れ
ってことにもなりかねないのです。アルバイトの給料が時給換算して
支払われることを考えれば、売れるまでに時間がかかればかかるほど、
その保管に要する手間も「時給」という形で、その商品に注ぎ込まれる
ことになりますので、原価が高くなるってのは納得いただけるでしょう?

 だからといって安売りばかりしていてはダメ。相場が5,000円のものを
1,000円で売り出したら、あっという間に売れるでしょうが、売り急いだ
分だけ儲けは少なくなっています。安ければ売れるのは当たり前ですが、
古本の場合、売れたからって次の商品があるとは限りません。大きく
相場から外れた値段で売り急ぐと、儲けが少なくなってしまうことも
ありえます。

 最短時間、最大利益

 ・・・これを追及するのが古本屋の値付け。でも・・・なかなか難しいですね。
答えはありません。日々、試行錯誤。お客さんの反応を見て、工夫を重ねる
しかないところです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。