スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商品の荷下ろし&戦利品チェック

 昨日は大雨だったため、業者市で仕入れた商品はそのまま車内に
残していました。というわけで、晴れあがった今朝、荷下ろし。少し
時間が経って冷静になると、自分の購入した商品をよく見ることが
できて、次回以降の教訓になるものです。

 かなり揃っていると思ったコミックスが、思った以上に抜けがあったり、
逆にだいぶ抜けていると思っていたものが、完全に揃っていたり。
競りでは、開始価格からどんどん値が上がっていき、商品をじっくり
見定める時間てのはありません。出てきた一瞬で判断。タイトルや
状態を判断して、素早く発声。

 わずかの時間で判断するわけですから、そりゃ失敗もします。でも、
自分の店でよく扱う品ならば査定額はそう大きく間違いません。
難しいのは声を出すタイミング。自分はもっと出せると思っていても、
誰も声が出ないと、

 あれ? 何でみんな、こんなお買得に手を出さないの?

 って悩んでしまい、つい声を出すのが気が引けるってことがあります。
で、結果、最初に発声した人が最低価格で落札なんてことも。自分が
参加したら、もう少し値は上がった可能性があったと思います。

 でも、よく考えてみたらこれは当たり前のことで、自分が得意とするジャンル
と他のお店が得意とするジャンルとでは異なるのですから、値踏みの仕方が
違って当然なのです。また、ネットショップだけのお店と、店頭販売も行って
いる店とでも売れ筋商品は異なるから、手を出す商品も異なります。

 というわけで、他人の目は気にせず、自分がいいと思ったらしっかり
値段をつける。いらなければ手を出さないってのが基本なんでしょうね。
 次回以降は、今回の教訓を踏まえ、自分なりの基準でしっかり競りに
参加したいと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。