スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡の敗者復活?

 先日、業者市に参加したときのこと。ちょっとした嬉しい(?)出会いが
ありました。

 以前、私の店で売れなかった商品が出品されています。といっても、
私が扱った商品と同タイトルの別の本って意味ではありません。私が
扱ったまさに「その本」が並んでいるのです。その本の状態や、他に
出されていた本などとの組み合わせから、まず間違いないだろうって
思います。

 その本は、私の店では扱いにくい商品。もったいないな~と思いつつも、
在庫が増えてきたため、泣く泣く建場(たてば=古紙業者の集まる場所)に
廃棄しに行ったのです。その時、

 よく古本屋の書いた本には、建場めぐりをしたって話があるけど、あの本
誰かに拾われてくれないかな?

 ・・・って思っていたのですが、どうやら本当に拾われたみたいです。古本
屋が建場まで拾いに行ったのか、建場の主が古本屋に持ち込んだのかは、
分かりませんが。。。

 私の目利きでは、その本の売値は数百円ってところ。私が捨てた本全ての
売値を合算すれば、数千円にはなるでしょうが、いずれも単体では数百円が
関の山。商品価値がないわけじゃないのですが、ネットでは売りにくい商品
だったわけです。

 ある先輩の古本屋さんは、建場めぐりの経験があるっておっしゃっていましたし、
今でも実際にされている方は、いらっしゃるみたいですね。そういう方の目に
とまって、私がもったいないと思いつつ処分した本は拾われているわけですから、
私の目利きもなかなかのモノ!? ・・・もちろん、私の売値見込額を大幅に
超えて数千円で取引される商品だったとしても、拾った人を恨むのは筋違い。
私の目利きがなかっただけのこと。

 その本は、あやうく再生紙の原料として処分されるところ、奇跡の敗者復活を
遂げたわけですが、本当の闘いはこれから。無事その商品が落札され、
店頭に並べられたとしても、売れ残ってしまえば、また同じ道を歩みかねません。
誰かいい人に買ってもらえれば・・・それが、本当にその本の敗者復活。

 私としては、そういう運命的な出会いがあったらいいな・・・って想像を膨らませ、
楽しんでいます。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。