スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「置き」と「振り」

 業者市の入札方法には、「置き」と「振り」の2種類があります。

 「置き」は、卓上に置かれた出品物を見て品定めし、希望金額を紙に書いて
入札。一番高値を付けた人がゲットできるってシステムです(本当は、もう少し
細かいルールがありますが、説明省略)。

 入札用紙は、出品物のところに設置されている封筒に入れるのですが、他の
人がいくらで入札しているかのぞくのはタブーとされています。ですから、相場の
倍以上の値段をつけて書いてしまうと、思わぬ高い買い物になってしまうって
こともあります。

 「振り」というのは、よくテレビで見かけるオークション形式のもの。野菜市場や
魚市場で行われているのと同じ要領です。運営者が開始価格を告げ、参加者が
どんどんと値段を高く競りながら、最後に一番高値を付けた人が落札できるって
ルールです。

 他の人の動向が分かるので、その商品を落とすのに、余分なお金を使うって
危険は少ないですが、初めのうちは声を出すタイミングがなかなかつかめず、
いい品をみすみす逃すってこともあります。また、どうしても欲しい商品だったり
すると、興奮してしまい、やはり当初の予算をオーバーする高い買い物になって
しまうってこともありますw

 本日、初めて「置き」で落札。競争相手もいたので、ゲットできて喜びもひとしお
です。ただ、次点の人と比べて、やや高値を付け過ぎた感はあったので、これは
次回以降の反省材料。

 まぁ自分では納得の金額を書いているのですから後悔はないですが、不必要に
金額を吊り上げると無知をさらけ出すことになるので、同業者の手前、格好悪い
ですね。その商品の売値っていうのは、だいたい相場が見当つきますが、じゃあ
その仕入値は? って言われると、なかなか難しい。。。各店個性が違っていて、
査定方法がまるで違うんですから。置入札に参加を繰り返すことで、このへんの
相場観は養えるんだと思います。

 ベテランの中には、置入札で10円単位で相手の動向を推理し、ほんのわずかの
誤差で競り落とす猛者もいるはず。でも、それをするには、だいたい誰がどんな
商品にいくらぐらい付けているのか、ライバル店は来ているのか、ライバル店と
希望商品がかぶっているのか・・・って点をチェックしなくちゃいけません。

 ・・・う~ん。まだ無理だな。。。会ったことない人も多いですから。

 しばらくは他人の目を気にせず、自分が欲しい商品に、欲しい金額で入札する
ようにしたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。