スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文庫本について

 今日は、大量の在庫整理。主に文庫本をチェックしました。
状態の悪いもの、値段の付かないものもありますが、中には
文庫本でありながら、けっこうな額で取引されるものも
あります。

 文庫本は、リアルな店舗を構えているお店の場合には、そこ
そこ売れるので重宝するでしょうが、ネットショップの場合
には、実はけっこう悩むことが多いです。
 ネットショップの場合には、送料の負担がありますからね。
お客さんが負担するにしろ、店が負担するにしろ、どこかで
送料分が支払価格に上乗せされることになります。その分
価格が高くなったように感じられるので、売れ行きが鈍るの
です。

 100円の文庫本のために、数百円の送料を支払うってなんか
アホらしいですもんね。だから、なかなか売れません。その点、
店を構えてお客さんがにぎわうようになっていれば、送料の
負担はなく、お手頃価格で買えますから売れる可能性は高まり
ますね。

 ちゃんとした店舗があれば売れる可能性が高いのに、ネット
で売り出したばかりに、不良在庫になって最終的に廃棄する
しかないってなれば悲しいですね。だから、同じ作者の作品を
セットで売るとか、他の商品を買ったついでに文庫本も買って
もらえるよう工夫するとか……色々考えないとダメですね。

 実際のお店とネットのお店では、売れ筋が違う。文庫本は、
ネットではちょっと苦労するってお話でした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。