スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業者市でリサイクル

 私は、お客さんからの買取で仕入の大半をまかなっていますので、実は
業者市で購入する必要はそれほどありません。でも、店の在庫に欲しい
貴重ないい品が出ることもありますし、今後も可能な限り参加する予定。

 しかし、問題もあります。

 たいていの場合、出品される本は、まとめ売り。1冊だけ売り出されるので
はなく、数十冊単位で売られるのです。ということは、欲しい品に混じって
自分のところには不要な品も混じっているということ。この抱き合わせ商法が
問題。

 目当ての品はまぁいいとして、それ以外の品。店頭販売で安く売り出せば
売れるだろうと思われる品もありますが、どうしようもない品もあります。
在庫に抱えても棚を圧迫するだけ。何年も動きそうにない品・・・・・・。まして、
ウチのようなネットショップではどうしようもないってのも多くあるわけです。

 しかし、お金を出して買ったのだから、簡単に廃棄するわけにいきません。
そこで、ベテランの方の話によると、自分のところに必要な分だけ束から
抜いて、残りはまた市に出品するとのこと。気を付けないと、そういうリサイクル
品をつかまされるよってアドバイスまでいただきました。

 なに、そのババ抜きみたいな発想(笑)

 気持ちは分からないでもないですが、何だか露骨すぎて嫌だな。。。
でも、買う方もプロ。いい品を抜いた束なんて誰も見向きもしません。
そこで、他の不要品も混ぜて出品します。

 でも、そこの加減が難しい。本当に完全な「不要品」だったら、何百冊集まって
も業者間ではゴミ扱い。金を出して買ってくれる人はいません。そこで、自店
では扱えないけれど、そこそこ価値の高い本・・・こういったものを入れておく
ことで、落札されやすくなるよう工夫します。そこそこいい値がついている出品は、
どれも皆、キラリと光る一品が隠されているものです。

 たくさんの本の中から必要な分だけを見極め、不要な分はその処分方法も
視野に入れながら入札する。・・・そうやって、後処理を考えながら仕入れないと、
業者市で出される本の量は膨大ですから、あっという間に在庫があふれて
しまうってことになりかねません。

 でも・・・そうやって同業者間でババ抜きのババ扱いされている本って、いつの
日か、一般のお客さんの手に渡ることってあるんでしょうか? 市に出品される
それぞれの本にマイクロチップを埋め込んで、それが一定期間内にどれほど
登場するかって統計をとってみたら面白そうwww 私の予想では、1~2割の
出品物は、比較的短期間のうちにリサイクルされている品じゃないかな、なんて
思っています。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。