スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綺麗にしましょうよ。

 本日も、業者市に参加。今月いっぱいは、色々な主催団体による色々な
市をのぞくことで、それぞれの市の特徴などを把握してみようと思っています。

 今日は、今まで見てきた市より随分と出品数があります。それでも、今日の
主催団体の会長さんによれば、いつもに比べ数が少ないとのこと。各団体に
よって、商品の集まり具合は随分違うようです。

 会場をブラブラと歩き回って気付いたこと。やたらと紙切れが落ちています。
封筒からこぼれ落ちた入札用紙かな? ・・・だとしたら、勝手に拾って見る
わけにいきません。どうしたものかと思案していたら、そこへ古書組合の
理事長さんが通りかかられたので、こういう場合どうしたらよいのかと尋ね
ました。すると、

 あ、ほっておいていいよ。

 とのこと。何でも、皆、書き損じた入札用紙や不要になった紙切れを、丸めて
そこらじゅうにポイするって習慣があるとのこと。わざわざ、ゴミ箱に捨てる人は
いないんですって(驚)。

 業者っぽいと言えば業者っぽいですが、なんだかな~。みんな、もうちょっと
マナーよくしましょうよ。各自がきちんとゴミを処分すれば、後片付けも楽だと
思うんですがね。。。

 あ、でも・・・入札用紙を入れる封筒の近くに紙が落ちていた場合には、運営の
人を呼んだ方がいいとのこと。その場合は、誰かが封筒に自分の紙を入れる際に、
ウッカリこぼしてしまった可能性があるからです。
 運営スタッフを呼ばなきゃいけないのは、不正防止。封筒に、自分の希望金額を
書いて入札する置き入札では、他の人の入れた金額をのぞくのはタブーなので、
たとえ親切のつもりでも、勝手に紙を開くのはご法度なわけです。もちろん、廃棄
したつもりのものが勝手に封筒に入れられていたら、トラブルにもなりますので、
そういうゴタゴタを未然に防ぐって意味でも、責任者にその場を委ねるのが大事な
わけです。

 そこらじゅうにゴミをポイするってのは、私にとって驚愕の文化。私も、そこまで
潔癖症ってことはないのですが(むしろ自宅の部屋は汚い方www)、公共の場に
ゴミを捨てるって発想はなかったので、驚いている次第です。

 でも・・・郷に入らば、郷に従えといいます。私自身、ポイ捨てすることには抵抗が
あるので、この点は先輩方を真似ることはないでしょうが、今後、そういう光景を
見ても戸惑わないでいいように、そういう習慣もあるんだってことは知っておこうと
思いました。ホント・・・色々な商慣習(?)があって、新入りは覚えることがいっぱい
です(^^)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。