スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の結果

 今日は、大阪市平野区にて業者市。売れるかな~って持っていった
本は、残念ながら買い手がつかず(>_<) ま、売れたらラッキーって
感じで持っていった本ですから、売れ残ってもあまりショックはありません。

 あまりのゴミっぷりに呆れたのか、あるベテランの方は・・・

 こういうのは買い取っちゃ駄目だよ

 ・・・とまで、アドバイスしてくださいましたwww

 まぁ、確かに今日の品は、なかなか店売りでも売りにくい系統でしたし、
ちょっとマニアックな部類に入るかも。だから、私もそんなにお客さんから
高額では買い取っていません。

 本来なら、古本屋として1円でも支払うべきでない本に、いくらかの金額を
支払っているのには意味があります。

 理由その1。全くの無価値の本ではないから。
 よく古本屋は、査定の際に「この本は、価値が無いですよ」って言います。
でも、これは「古本屋にとって」価値が無いってだけのこと。手っ取り早く
現金化しにくい本は、皆、買取を嫌がります。

 でも、かつては市場に定価で出回っていたわけですから、どんな本も、
それを必要とする人にとっては、それなりの価値はあるものなんです。
現金化しやすいかどうかってのは、古本屋の都合。本の価値と無関係な
そんな古本屋の都合で、買取額を左右するのはどうかと思うのです。

 だから私は、よその古本屋さんが買取を拒む本でも、たいていのものは
買取ます。ま、それでも限度はありますけどね。

 理由その2。大手新古書店の台頭。
 昔ながらの古書店で扱っている本のラインナップと、近頃、古書業界で
幅を利かせている新古書店の主力商品とには大きな差があります。だから、
商品によって買取額に差が出るのは当然。

 しかし、本を売っていただけるお客さんからすれば、どちらも同じ古本屋。
区別はつきません。ウチの店で買取を拒んだものが、それらの店で買い取り
されたら、ウチのイメージは大きくダウンしますね。
 良くも悪くも、今の古書業界では、新古書店が主流をなしているのですから、
弱小個人店がそれらの店に対抗するには、絶対に買取で負けてはいけません。
新古書店で買う本は、絶対にウチでも値段をつける。これが基本です。逆に、
新古書店で値段をつけない本でも、当店が価値があると判断すれば、積極的に
買取します。

 理由その3。宣伝代と思えば安い。
 ヨソで買い取らない本も、ロビンでは売れた・・・ってなれば、ウチの買取
イメージはよくなりますよね? 事実、当店には口コミで紹介されたって人も
本をお売りいただいています。個別の買取で、なかなか売れ筋じゃない商品が
入ってきても、その買取額が店のイメージアップにつながる広告代と思えば、
安いものです。それに、売れないって思っていた本も、ひょっこり売れることも
ありますからね。

 そういうわけで、ベテランの人になんと言われようとも、私は、私自身の目利きで
いいと思った品は、しっかり査定して買取ます。ま、それでも、金額が折り合わない
とか、どうしても売るのに苦労してツブシ(=廃棄処分)にしなくちゃいけないのも
あるんですがね。。。

 捨てるのは簡単。古本屋にとっては、棚がスカスカよりも、足の踏み場もない
くらい本で埋め尽くされている方がありがたいので、これからもロビンは在庫を
抱えることを恐れず、しっかり買取ます!

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/07/23 09:19)

大阪市平野区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。