スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット古書店という形態

 あちこちの古本屋が潰れていっています。でも、古本屋の総数は
減っていないような気がします。私のようにネット販売専門の
古本業者は、増えているんじゃないかと思うのです。

 店舗型と無店舗型(ネットショップ型)の比較。
 店舗型営業の場合、実際に品物を見て購入するわけですから、
商品状態に関するクレームですとか、品違えといったことは、
ほとどないでしょう。100円均一などの安価本も売りやすい
ですね。こういった点はメリットとしてある一方、テナント料の
負担が大きい、万引き被害があるといったデメリットもあります。

 逆に無店舗型の場合、テナント料は不要なので固定費は安く済み
ますし、商品管理をきちんとしていれば盗難被害もまずありません。
その代わり、実物を見ずに買うという通信販売の特性上、どうしても
「思っているものと違っていた」となる危険はありますし、店舗で
売れる商品がネットでは売れないということもあります。

 それぞれの営業方式に、いい部分、悪い部分ありますが、近年は
古本屋を始める最初の形態としては、おそらく無店舗型のほうが多い
でしょう。一昔前でしたら、無店舗で古本屋なんて考えられません
でしたが、インターネットはそれを可能にしました。
 ほとんどお金をかけずに開業出来て、しかも全国の人を相手に
商売できるのですから、自営で商売を考えている人にとっては、
やはりこれは大きな魅力ですよ。

 しかし、いい面ばかりでもありません。先ほど述べた思わぬ
クレームという可能性もありますが、無店舗型の一番の欠点は、
お客さんの顔が見えないこと。自分の店を利用する人がどういった
人なのか、どんな本を好むのか、……店舗型の古本屋でしたら、
簡単に肌で感じることができる部分も、インターネットだと
完全に闇の中。

 自分の店舗運営が受け入れられているのか、評判良くないのか
……中には、ご意見、ご要望を寄せてくださる方もいらっしゃる
かもしれませんが、そういう人はたぶん氷山の一角。嫌なことが
あれば黙って逃げていく……消費者心理ってたいていそうだと
思います。

 ネットショップは確かに開業しやすいです。でも、お客さんの
顔が見えないという重大な欠点があることは、認識しておかなく
ちゃいけません。
 顔が見えないから気楽でいいという人もいるでしょうが、店を
運営する側としては、顔が見えないからこそ難しい。そういう
こともあるんだなって思っています。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。