スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色々と不便を感じました

 おはようございます、ロビンです。

 昨日は、初めて「置き」で出品してみました。が、ここでトラブルが……。
出品者は、事前に封筒を用意しなきゃいけないとのこと。そんなもの、
持ってきてませんよ。聞いてませんし。「振り」の出品時には、当日に
持ちこんでも何とかなったし。

 頼むから、入会時の案内で基本的な出品手続きくらい告知しろ!(怒)

 私も随分、色んな組織を見てきましたが、ここまでルーズな運営の組織を
体験するのは初めて。ちょっと、イラッとします。

 古書組合に加盟する一番のメリットは、業者市で出品、落札できること。
その一番のメリットを享受できる部分で、新入会員にサポート体制が不十分
なのですから、これはゆゆしき事態。

 組合に入ったばかりでこんなことをいうのは問題かもしれませんが、私は、
昔ながらの古書店の行く末に、正直、不安を感じています。世間一般の認識
では、斜陽産業ということで間違いないでしょう。もちろん、私自身は古書の
仕事に魅力を感じていますし、やり方次第ではまだまだ成長の余地はある
って思っています。ただ、そのことを一般の人、あるいはこれから開業を
考えている若い人が感じているかってのは、疑問です。

 最近はネットショップが増えました。私のように、店舗を構える経済的余裕が
なくネットショップでとりあえず開業ってパターンの人もいれば、もともとは店舗を
持っていたけれど維持が大変になってネットショップに移行するってパターンも
あります。

 実は、ネットショップにとって組合の業者市は、魅力的な市場ではありますが、
必須のものじゃありません。店舗がないので、それほど大量の在庫を仕入れる
必要がないのです。自分の店で必要な本は、お客さんからの買取で十分カバー
できますし、どうしても不足するっていう場合には大手新古書店を巡って「せどり」
をするって方法もあります。

 「売る」場合だって、ネットを主戦場にしているのでしたら、いい本なら絶対に
売れるので、何も業者市でさばく必要もありません。不要な本を処分する場合
だって、最寄りの新古書店で買い取ってもらう方が楽ですし、どうにも役に立たな
ければ廃棄すればいいだけの話です。

 というわけで、ネットショップを経営している人の大半は、古書組合にメリットを
感じられず、加入せずにいるのでしょう。それはそれで、一つの経営判断。実際、
私も兵庫にいるときは入っていなかったわけですし、だからといって不便はないん
です。そして、そう思う人がどんどん増え続けている気がするんです。

 私自身は、古書の仕事をする上で、業者市を経験したことがないっていうのは、
何だかちょっと恥ずかしいなって思っただけ。それだけの理由で、組合に入り
ました。
 でも、多くの人は、そんな好奇心を満たすだけの理由で、高い入会金を
払ってまで、組合に入ろうとはしないはず。もっと、もっと、組合活動が活発に
ならないと、新規会員は増えませんし、新規会員が増えないと、将来的には
古書組合の運営は立ち行かなくなります。

 そういう意味で、新規会員に対するサポート体制は、組合のイメージをよく
するため必須の事業。組合に入ったけれど、どうやって売ればいいのか、
どうやって買えばいいのか分からない。そのうち覚えるでしょ! ってのは、
あまりに不親切。だったら古本が好きでも、組合員になるより、ブックオフの
フランチャイズでいいやって考える人も出てくるはず。古書組合独自の良さを
積極的にアピールしていかないと、ね。

 もちろん、組合の理事の方も、事務の方も、悪意はないのでしょう。これまで、
そういうふうに仕事をしてきただけのこと。でも、これからは、そうはいかない
ですよ。古書組合が古書業界を牛耳っていたかつてと違い、今は、新古書店が
ビジネスの主役。我々は挑戦者なんです。古い本は大事にしなきゃいけませんが、
古い考え方は捨て、新しい挑戦を始めるときです。

 私も、新入会員の今だからこそ、気づく組合運営の不便さってのもあるはず。
組合のやり方に慣れてしまえば、自分自身、何とも思わなくなり、新規会員が
何で悩んでいるのかも忘れてしまうことでしょう。だから、気づいたことはこうやって
ブログに書き記して忘れないようにしたいですし、理事の方々にお話しする機会が
あれば、積極的に改善提案はしていきたいと思います。とりあえずは、組合から
交換会の運営に関するアンケートが届いていましたので、しっかり回答したいって
思います。

 今日は、昨日の仕入れが大量にあったので、その整理に追われそう。。。
 今日も、元気に頑張ります!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。