スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まんだらけの警告、その後

 万引き犯の顔を、ネットで公開するってしていた「まんだらけ」。でも、期日に
なっても結局、公開しませんでした。あまりにも反響が大きかったことと、警視
庁から画像公開の中止要請を受けたってことからの経営判断なんでしょう。

 しかし、そんなことは警告当初から分かっていたはず。それぐらいのことで、
公開を中止するなら、初めから警告なんか出さなくていいんじゃないの? って
腰砕け感は否めません。
 まぁ、ネットで公開された「まんだらけ」のコメントによれば、犯人の身内らしき
人物から連絡があったとのことなので、万引き被害を回復する目途は立っている
のかもしれません。被害を回復できるなら、確かに画像公開なんて荒っぽい手段
は、あまりしない方がいいですね。

 犯人の画像を公開するも、しないも、「まんだらけ」の自由。プライバシー等の
問題を指摘する人もいますが、店側の自衛手段として、これくらいのことは
OKでしょう。そもそも、万引きする自由なんてものがあろうはずがないので
すから、そんなところにプライバシーの保護など必要ありません。

 公開してもいいはずのところ、諸般の事情を考慮して公開を取りやめた。
これも一つの経営判断なので、他人が口出しすべきことじゃありません。
気になるのは、警察の対応。報道によれば、「まんだらけ」側に画像
公開の中止を要請したというのです。捜査に支障が出るから、とのこと。
意味不明なロジック。むしろ画像を公開して、広く世間一般に情報を求める
方が、捜査の役に立つと思うのですがね。

 捜査上の都合を理由に公開を取りやめさせておいて、もし、犯人を検挙
できなかったとか、特定できなかったなんてことがあれば、これは警察の
大失態。警察が犯人をかくまったのと同じ結果になるのですからね。もし、
そんなことになれば、万引き犯の顔をアップするよりも、その警察担当者の
顔と氏名をネットにアップして晒し者にして欲しいって思いますwww

 今後、店側が万引き被害を回復できるのか。あるいは、警察が犯人を
逮捕できるのか。様々な不祥事で信頼の失墜している警察組織。
これ以上、国民の信頼を失わないよう、万引き被害という軽微な犯罪
でも、キッチリ対応していただきたいものです。(もっとも、今回の被害額
25万円というのは、決して「軽微」じゃないと思いますが・・・)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。