スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書感想文の教育効果

 8月も半分が過ぎ、子供たちの夏休みもあと2週間ほど。宿題は、
順調に片づけているのでしょうか? www

 夏休みの宿題の定番が、読書感想文。この時期、書店には多くの
課題図書が山積みされています。それらの本の中から、自分の学年に
応じて読むようにすれば、何を読もうかなってあまり悩まなくてもすみ
ますね。

 夏休みなどの長期休暇を利用して、読書をするってのは大賛成。
分厚い本も、夏休みを利用したら読破することが可能。読み応えの
ある本を読破した時の充実感って、実際に味わわないと分からない
ものです。そんな実りある読書体験を重ねれば、読書の楽しさも
わかるはず。

 ただ、ひと夏をかけて読み通す良書って何があるかって聞かれる
と、それは考え方が人それぞれ。ズバリ、これ! って断言できない
のは難しいところですね。

 また、夏休みを利用しての読書には賛成ですが、その感想を書か
せるってのは、あまり意味のある宿題じゃないんじゃないかって
思っています。

 よく間違う子がいるのですが、読書感想文はあくまで本を読んだ
「感想」を書くものであって、「あらすじ」を書くものじゃありません。
コンパクトにあらすじを書くこと自体は悪くありませんが、自分なりの
感想をしっかりまとめてこその感想文です。

 ところが、端的に感想だけをシンプルに書き記しても、読み手の
側でその本を読んでいなければ、何のことやらチンプンカンプンって
こともあるのです。
 漱石などのように有名な人物の、有名な作品なら、教師の側で読んだ
ことある作品も多いかも知れませんが、それでもいわゆる名作と呼ばれる
作品を、全て読んだって教師は少ないはず。まして、あまり有名でない
作家、有名でない作品ならなおさら。

 そこで、「課題図書」なるものが設定されているわけですが、たいてい
の場合、読書感想文の題材は自由に選んでいいってことになっている
みたいですし、そもそも課題図書にしたって教師側で全て目を通している
ってわけではないでしょう。

 教師も読んだことのない本の感想を、制限字数いっぱいに語ったって、
はたしてそれがどういう教育効果を生むのか。さらには、無難な感想を
まとめた感想文を表彰することに、どんな意味があるのか。どんな感想を
抱くかなんて、思想・信条の自由。そんなものに優劣なんてつけようが
ないと思うんですがね。。。

 そういえば、小学校時代。私の読書感想文が、教師に認められて
コンクールに出すからってことで、清書を命じられたことがありました。
同じ感想文を2回書かされたわけで、不愉快極まりない話。真面目に
書いた方が、何だか損した気分になっているわけで、自分の経験から
も、あまり宿題としての読書感想文に教育効果は期待できないって
思っています。

 読書感想文なんて、せいぜい原稿用紙の使い方と、漢字の学習を
学ぶためのもの。だったら、わざわざ「本を読む」って行為を強制しなく
ても、書き取りの練習や、日記をつけさせるぐらいでOKだと思います。

 だいたい「読書」なんて、その行為自体を楽しむもの。なのに、宿題で
読書感想文があるってなれば、「読書」は宿題をするための前段階。
そのあとの「感想文」を書く作業が気になって、楽しむどころじゃないで
しょう。

 読書は夏休みの自由課題として、感想文なんか書かせなくてもいいと
思うのですが、どうも日本の教育現場から、この無意味な宿題が消えて
なくなることはないようです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。