スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古本屋になるには 古物商申請その0

 ここ最近、業者市に関する個人的見解を述べるなどマニアック(?)
な内容を展開してきた当ブログ。

 もう少し一般受けする内容を選んでもいいのですが、あまりネットにも
出てきにくい情報を公開することで、この業界に少しでも興味を持って
くれる人が出てきてくれたら、そしてそんな人の中から何人かは、この
業界で生きることを決意してくれたら……そんな思いで、コアな業界話を
してみましたwww

 さて、私のブログを見て、古本屋も面白いなって思った方、あるいは
本格的に古書店を営まないまでも、せどりなどをして古書の世界に
親しんでみたいなって思った皆さん。「古物商」の許可を取得する
ことをお勧めします。

 古本屋を本業にガッチリ稼ごうと思っている場合はもちろん、近頃話題の
サイドビジネスとしてせどりをやろうって思っている場合も、古物商の許可
を持っていないと違法です。

 ですので、忘れずにしっかり取得しましょう。私としては、同業者がたくさん
増えてくれれば、業界としても賑やかになるので大歓迎。商売敵が増える
なんてケチクサイことは言いませんよw

 というわけで、明日以降、毎日このブログでは古物商の申請手続きに
ついて解説いたします。今すぐ申請しようって人は少ないかも知れませんが、
ネットに情報をアップしておけば、いつかそのうちそういう志を持った人が
情報を検索して役立ててくれることもあるだろうって思っています。

 一般の方には、業者市の話以上に退屈な内容になるかもしれません。
ご容赦を(^_^;) まぁ、そういう世界もあるんだなって軽く読み飛ばして
くだされば幸いです。

 カテゴリもズバリ「古物商申請」。このカテゴリ名で書かれた記事を
全て読んでいただければ、とりあえずご自身で古物商の申請をする
手掛かりにはなると思います。乞う、ご期待! ・・・ナンテネ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。