スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古本屋になるには 古物商申請その5

 さあ、いよいよ申請書本体に記入を始めましょう。以下、順に見てゆき
ます。なお、都道府県によっては、記入例をネットで公開している地域も
ありますので、それらも参照してください。
 ちなみにこのブログでは、主として個人での申請を念頭に置いています。
法人等の場合にも、触れることができれば書いていきますが、省略する
場合もあるのでご了承を。

★許可の種類
 ……「1.古物商」に○(まる)をつけます。「1」の数字の部分だけを○で
  囲めばいいです。

★氏名又は名称
 ……個人ならば本名を、法人なら登記している法人名を書きます。 上の欄
  にはルビを振ります。(ふりがな)とあれば平仮名で、(フリガナ)とあれば片
  仮名で記入するってのは、こういう用紙での一般常識ですね。
   姓と名の間は1マス空けること。濁音、半濁音も1マス使います。

   とにかく住民票記載のまま書き写せばいいです。「ワタナベ」、「サイトウ」姓
  など難解な字を用いる場合も、とにかく住民票に合わせること。外国人の場合、
  本名と日本名が異なる人もいるかもしれません。住民票記載の通りでいいと
  思いますが、不安なら事前に確認した方がいいでしょう。

★法人等の種別
 ……個人の場合は「6」を○で囲みます。法人の場合は、該当する数字を囲みます。

★生年月日
 ……西暦または元号の該当する数字を丸で囲み、右詰めで記入。東京都では、たと
  えば昭和36年1月1日生まれの場合、「0036年01月01日」のように空欄を残さない
  方法で記入要領が紹介されているので、それに従ってもいいでしょう。記載例が
  あればその通りにするのが、無難な申請の第一歩です。

   なお法人の場合は、「設立年月日」を記入することになります。

★住所又は居所
 ……住民票の記載通り書きます。「○丁目」「○番地」などの記載も省略しない
  ように。マンション名も、住民票に正式名称が載っている場合は、それに合わ
  せて記入します。

★行商をする者であるかどうかの別
 ……特に不都合がなければ、「1.する」としておいた方がいいでしょう。

★主として取り扱う古物の区分
 ……古本屋なので、「12.書籍」に○をつけます。CDやゲーム類も扱いたいという
  場合でも、この欄には1つしか○をつけません。あくまで「主として」扱うものを記入
  するだけ。古物商の許可が下りれば、何の制限もなくCD、DVD、ゲーム等あら
  ゆる古物が扱えるので、あまり気にしなくていいです。

★代表者等
 ……法人の場合にはきちんと記入しますが、個人申請の場合は何も記入しません。


  これで申請書の1枚目が書きあがりました。明日は2枚目です。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。