スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古本屋になるには 古物商申請その6

 申請書2枚目。営業所に関する事項を記入します。

★形態
 ……「1・営業所あり」に○。ネット販売だけをする場合でも、
「営業所あり」としておきましょう。今では「営業所なし」の
 申請はほとんど考えられないそうなので、「あり」として
 おいて特に問題はないでしょう。

★名称
 ……個人で許可申請する場合でも、お店の屋号を名乗って
 活動するのであれば、ここにその名称を記入します。

  覚えやすい名前、分かりやすい名前がいいですが、その他にも、
 近隣の市町村でよく似た名前の同業者がいないかチェックした
 方がいいでしょう。私は、最初に定めた店の名前とよく似た名前の
 お店があることを後から知ったため、名称を変更したことがあり
 ます。商売上、類似の名前を使っていると、お客さんに混乱を
 与えますし、トラブルになることも考えられるので、気を付けた
 方がいいでしょう。

★所在地
 ……ここはあくまで「営業所」の所在地を書く欄。自宅を営業所
 として届け出る場合には、空欄のまま提出します。テナントを
 借りるのであれば、そのテナントの住所を記入。

  営業所が賃貸の場合には、その契約書やオーナーの同意書が
 添付書類で必要になることもあります。また持家でも、商業利用が
 禁止されている場合には、不許可になる場合もあります。

  営業所の許可基準は、ある程度地域の公安委員会によって差が
 あるみたいですので、事前に窓口で相談し、問題がないかしっかり
 確認しておいた方がいいでしょう。

★取り扱う古物の区分
 ……ここでは、取り扱う商品全てに○をつけておきます。数に制限
 はないので、扱う可能性があるものは、とりあえず申告しておい
 た方がいいでしょう。古本屋として営業するのですから、「12.
 書籍」の欄だけは絶対に漏らさないようにしてください。

  ところで、公安委員会の申請書には、CD、DVD、ゲームソフト、
 フィギュアといった項目がありません。これらは古本屋の中にも
 扱う人が多いのですが、どうも申請書は古本屋のニーズには対応
 していないみたいです。
  ですので、これらを扱いたい場合、事前に担当者に相談しておいて、
 どの項目に含めて申告すればいいか問い合わせておきましょう。
 CDやDVDなら「事務機器類」や「道具類」、フィギュアなら
 「美術品類」などのカテゴリが考えられますが、担当者の指導に
 合わせておいて問題ありません。

  まぁここでの申告は一種の参考程度のものなので、あまり気にする
 必要はありません。実際に営業をはじめて、品目が増えそうだったら、
 その都度追加申請をするという方法でもいいでしょう。特に費用は
 かかりません。

★管理者
 ……個人申請の場合、たいていはご自身の名前を書くことになるかと
 思います。家族経営を考えている場合には、家族の名前を書く場合も
 あるかもしれないですね。

  管理者にも一定の要件があります。申請人同様、成年被後見人や
 被保佐人の場合は認められません。営業所からあまりにも離れた
 ところに住んでいる場合なども、営業所の管理が不可能と判断されて
 不許可となるでしょう。また、その営業所の管理的立場にないと
 いけませんから、いざという時に、商売のことが何もわからないと
 いう人ではいけません。

 ・・・はい、これで申請書2枚目は終わり。明日は3枚目です。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。