スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルパカ文庫

 いわゆるコンビニ本と呼ばれる本があります。主にコンビニで
販売する目的で、漫画などを印刷した本です。雑誌のように新作が
載っているわけではなく、かといって単行本ほど立派な装丁でもない
……安く売るために紙質も悪くされており、たいていは読まれ
たらすぐ捨てられる運命にあると思います。

 そんなコンビニで売られる本でありながら、立派な装丁の文庫本が
創刊されました。その名は「エルパカ文庫」。大手コンビニエンス
ストア・ローソンで購入できます(ネット販売もあり)。

 この文庫本、「こころ」や「人間失格」などの名作が、200円(税別)
のお手頃価格で読めます。大きな文字で読みやすく、中学生以上で学ぶ
常用漢字には、丁寧にルビまで振ってくれています。もちろん、古本じゃ
ありません。

 私も1冊購入。宮沢賢治「銀河鉄道の夜」を買いました。既に持って
いる本なんですが、どんなものかな? って好奇心から思わず買って
しまいました。これで200円なら価値があると思いますよ。創刊された
ばかりで、まだまだ作品数は少ないですが、今後もどんどん登場して
ほしいと期待しています。売れ行きは好調のようで、「こころ」と「人間
失格」はもう売り切れていました。今後の成長に期待できるかな?

 ちなみに、この文庫。ビジネス書や実用書も出ていますが、こちらは、
少し安いかな? って程度で、文芸書ほどのインパクトはないですね。
文芸書が安く売りだせるのは、著作権の切れた作品ばかりを扱っている
からでしょう。だから、今後も没後50年以上経過した作者の作品を
中心に出版されていくんじゃないでしょうか?

 でも……一つ悩みがあります。こんな綺麗な本がそんな低価格で売り
出されたら、古本屋には大ダメージ。漱石は私が最も尊敬する文豪の
一人。ですから多くの人に勧めたいのですが、私の店で高い値段の
全集を買うのと、お試し価格で読めるこういった本とでは、正直後者の
方がお客さんに喜ばれるでしょう。

 まぁ、古本であれ、コンビニ本であれ、どんなキッカケにしろ読書に
親しみやすくなるのはいいこと。読書家が増えれば、まわりまわって
古本屋のお客さんも増えるはずで、この文庫の創刊は古本屋としても
歓迎すべきなのかもしれません。

 それはともかく、OPENには夏目漱石作品集も出品予定。コンビニ
本ほど低価格ではありませんが、「こころ」を読んで他の作品にも
興味が出てきたら、その時はウチの店ものぞいてみてくださいネ。。。

 以上、ちょっぴり宣伝でした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。