スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日の業者市にて

 先日の業者市でのこと。何品かに入札しておきました。結果、
1点だけ落札。他は全部、ダメでした(>_<) 1点落とせたのは
嬉しいけれど、たったの1点しか落とせないんだったら、むしろ
全敗でもいいかなってちょっと複雑な気持ち。。。そこまで、
欲しい商品でもなかったですし、1点だけのために席料を支払う
のも馬鹿馬鹿しいですしね。

 ある品は、落札金額を見てビックリ!

 え!? そんな値段で仕入れるの?

 って驚きの金額でした。陳列の際も、「これは売れないだろうな」
ってベテランの方々は、不人気商品扱いwww でも量が多いので、
安い値段でだったらお得感があって売れるかなって私は思っていま
した。

 で、私はハイエナの如く安い値段で仕入れようと札を入れておいた
のですが、大差で負けました。売値を考えればそれぐらいの値段で
仕入れてもいいかもしれませんが、それにしても売りにくそうなもの
ばかり。競り落とした方は、随分、奮発したものです。

 ひょっとしたら私が気付かなかっただけで、お宝本が隠れていた
のかもしれません。大量の出品の場合、ひょっこり貴重な品が紛れて
いたりしますから、そういったものを入手できるなら、ある程度高額でも
仕入れる価値はあるかもしれませんね。

 あまりに落札金額と、私の入札額との差がかけ離れ過ぎていたので、
恥ずかしく思っていたら、あるベテランの方はおっしゃいました。

 大差で負けた方が、スッキリするよ。わずかの差で
落とせなかったら、悔しいやろ?


 確かに、そういう心理はありますね。もうちょっと出せば、自分が落とせた
かもしれないわけですから。

 まぁでも、大差で負けようが、僅差で負けようが、入手できなかった品を
いつまでも悔むんじゃなく、頭を切り替えて次にいくことが大切ですね。
今回は逃した本も、縁があればまた扱う機会はやってくるはずだって
気長に構えようと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。