スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古本屋になるには 古物商申請その10

 少し間が空きましたが、古物商の申請についてもう少し解説。

 添付書類も準備でき、無事申請が受理されれば、あとは
待っているだけ。申請件数の混み具合などで若干の差は
生じるかもしれませんが、だいたい1か月ぐらいを見て
おけば許可が下ります。

 申請しても、許可証をもらうまでの間は、まだ古物商
としての営業はできません。しかし、ただボーっと待って
いるだけでは時間がもったいないと思えば、他の準備も
しておきましょう。

 オークションサイトでのID取得、銀行口座の開設、サイトの
準備、商品の準備、広告の準備、梱包資材の準備……など
です。

★ID取得
 せどりをして、ヤフオク! などで販売をするってことだけを
考える場合。
 既にIDを取得済みでしたらいいですが、まだなのでした
ら、取得申請をしましょう。出品の場合には、本人の住所確認
等の手続がありますので、申請してもすぐに出品というわけ
にはいきません。
 だいたい1~2週間程度の余裕を見ておいたらいいでしょう。
古物商の申請をすると同時に出品IDの申請をすれば、
許可が下りればすぐ販売できますので、時間の無駄はなく
なりますね。ただし、ヤフオク! の場合、出品するには
プレミアム会員の登録が必要。わずかですが費用が掛かり
ますので、少しでも経費を押さえたいのであれば、どの
タイミングでIDを取得するか入念に検討しましょう。

★銀行口座の開設
 たいていの人は、既に銀行口座位は持っているでしょうが、
もしも地方銀行にしか口座を持っていないという人は、
今後の取引を考えた場合、都市銀行とゆうちょ銀行の口座は
用意しておいた方が便利でしょう。お客さんがネットで購入
する場合、都銀やゆうちょの口座があると、振込手数料の
関係で結構便利に思う人もいます。

 個人名義でしたら、比較的簡単に口座は開設できますが、
お店の名前で口座を持ちたい場合には、金融機関ごとに
審査があります。といっても、たいていの場合は問題ないと
思います。やはりお店の名前の方が、お客さんも安心して
入金しやすいですし、多少面倒でもお店名義の口座を
開いておきましょう。

★サイトの準備
 許可が下りるまでは販売するわけにはいきませんが、
その間にもサイトの準備は進めておきたいところです。
基本的な枠組みを作っておけば、あとは商品を入荷する
ごとに更新するだけでいいですが、なかなかこの枠組みを
作る作業は大変です。許可が下りてすぐ営業を開始できる
よう、コツコツとサイトの構築作業も始めた方がいいです。

★商品の準備
 古物商の許可がないことには、転売目的で古物を買うこと
はできないのだから、商品なんてないはず。でも古本屋を
営もうとする人は、たいていの場合、蔵書家です。ですので、
自宅にたくさんの本があるはず。その中で、自分には不要な
もの、売り出してもいいものを分別、準備しておきましょう。
開業して実際に仕入がスタートするまでは、それらが当面の
在庫です。

★広告の準備
 本を売るのも買うのも、やはり広告は大事。店を立ち上げ
てしばらくは、お客さんにも認知されていないわけですから、
しっかり広告しましょう。
 どんな媒体で、いくらぐらいの予算を見積もるか? これは
難しい問題です。なるべく低予算で、なるべく効果的な広告を
したいと思うのは皆、同じ。でも、なかなか思い通りにはいきま
せん。色々工夫を重ねながら、自分なりの方法を編み出すしか
ないでしょう。

★梱包資材の準備
 ネット販売をするのでしたら、商品を郵送するという作業が
必要になります。いつ売れても困らないように、ある程度の
分量の梱包資材をホームセンターで購入しておきましょう。

 それと最寄りの運送会社を訪ね、料金の確認をしておきます。
どれくらいの荷物がいくらくらいの料金で送れるのか。事前に
確認して、しっかり料金体系に組み込まないと、思った以上に
送料がかかって損をしたってことにもなりかねません。
 ある程度取引量が増えれば、割引価格での交渉も可能ですが、
開業当初は通常料金での発送になると考えておいていいでしょう。

 こうやって見れば、申請後許可が下りるまでの間にも、なか
なかやるべきことは多いですね。仕事をこれ一本で考えている
人には問題ないかもしれませんが、会社勤めをしながら、副業で
ネットショップをやりたいって考えている人には、ちょっと大変な
作業かも知れません。

 副業に考えているのでしたら、あまり慌てず自分なりのペースで
作業を進めていけばいいでしょう。ただし、あまりにもノンビリして
いると「営業していない」と判断されて、許可の取り消し処分の可能性
もありますので、ご注意を。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。