スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイン本の真贋 その2

 サイン本の真贋の判断方法、その2。入手経路を調べる。
これは、特に我々業者が、一般のお客さんから買取る際に
気を付けなきゃいけないこと。いくら人気作家の名前が
書いてあるからって、それだけで直筆署名本ってことには
なりません。本物であるとは限らないからです。

 そこで、どういったルートでその品を手に入れたのか確認
します。作家のサイン本なんて、そう頻繁に手に入れるもの
じゃないですから、それを手に入れたときのエピソードって
のは、それなりに記憶に残るもの。「忘れた」って言葉が
出てきたときは怪しいですし、不自然な回答だった場合も
要注意です。

 入手経路がはっきりしない場合には、その本が偽物って可能
性が高くなりますし、仮に本物だとしても入手経路が説明でき
ない品=盗品……ってことも考えられます。いずれにせよ、
古書店としては扱えない品ってことです。

 一般のお客さんが、サイン本を入手する経路としては、およそ
次のようなものが考えられます。

 ・サイン会
 ・書店・古書店で購入
 ・個人的に交流があった

 もちろん他のルートも考えられますが、かなりレアケースな
はず。およそは以上のようなところだと思います。で、もちろん
これらのルートの回答があったからって、それをそのまま鵜呑み
にはできません。会話全体から判断して、その話の信ぴょう性、
整合性を考えます。

 本当は、お客さんを疑うような真似はあまりしたくないのです
が、お客さん自身は本物と信じていても、やはり何かの間違いで
偽物を掴まされているって場合もありますから、そのまま信じる
わけにいかないのです。それに、当店がサイン本として売出した
ものが偽物だったってなった場合には、別のお客さんにご迷惑を
かけることになってしまいますので、やはり真贋の判断は慎重に
しなくちゃいけません。

 一般の方と異なり、古書店がサイン本を入手する経路は様々。
あらゆるルートで仕入れてくる可能性があります。もちろん、
合法なものですよ(^^) その特別なルートこそ、プロとして
やっていく上で一番重要なノウハウ。ネットでそんな情報が
出回ることは、まずないでしょうねwww

 皆さんが、古書店からサイン本を買おうって考えている場合。
可能ならば、店主にその本の入手経路を尋ねてみるといいで
しょう。もちろん、誰それから買ったとか、いくらで手に入れた
って細かい情報は教えてくれないはず。そのあたりを突っ込んで
聞くのはマナー違反。

 でも、会話する中で、少なくともその店がその品を入手して
いても不思議はないなって思えるかどうか……このあたりは
説明が難しいのですが、平たく言えば、ご自身の第六感。そう
いったものにピンと来る反応があるかどうかを感じることです。

 ズバリ直球で、「本物ですか?」って尋ねてみるのもいいで
しょう。あまりにも疑っている感を滲み出していたら失礼です
が、商品について問い合わせることは、客として当然の権利。
誠実なお店でしたら、そこできっちり店主の判断を語ってくれる
はずです。こうこうこういう理由で、当店では本物と判断して
いますって具合に。

 何となく店主が胡散臭いって感じたら、買わない方がいいです
ね(笑) 棚を見渡して、他の商品と比べて浮いている、異質だ
って感じる場合も要注意。その店の得意分野じゃなかったのかも
しれません。ってことは悪意はないけれど、ウッカリ偽物を販売
しちゃっているって可能性もなきにしもあらずですね。

 まぁ結局のところ、店もプロとはいえ人間。間違いはあるもの
です。その間違いが、客を騙そうという悪意から来るものか、
それとも知識不足のための過失によるものか。高額な商品を買う
場合には、店主の人間性を判断して、その人の売っているもの
ならば間違いないって信じられるかどうか。そういう基礎的な
人間関係が大事になる気がします。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。