スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大量購入の人たち

 ここしばらく市の利用は、控えている私。

 私の場合、商品の主な仕入れ先は、一般のお客さんからの購入ってのが
ウエイトが高いので、それほど頻繁に市は利用しなくても何とかなって
います。でも、市の利用頻度、購入規模等は、お店によって色々。やはり
店舗を構えていらっしゃる方は、大量に買い付ける方が多いですね。

 ネットで売りにくい商品でも、安価で店の棚に並べておけば、ポツポツ
売れていくってことは考えられるもので、やはり店売りの可能な人ほど、
大量の買取も平気って気がします。それに大量に販売しないと、テナント
料などの負担が大きいので、やむなく大量に仕入れているってのもあるかも
知れません。

 もちろん、私も大量購入はあります。蔵書家の方から買取る場合には、
たいてい車いっぱいの本を引き取るってことになります。
 でも、市で大量に買う人たちは、そんなレベルじゃありません。もっと
大量に、しかももっと頻繁に買い付けるのです。さらには、同業者に競り
勝たねばいけませんから、買取総額もケタ違いってことになります(あくまで
買取「総額」の話ですよ。買取「単価」で言えば、当店も負けていないと
思います……念のため)。

 それだけ大量、頻繁、高額で市を利用しているわけですから、その人たちの
存在感ってなかなかのもの。

 私のように、たま~に市を利用するぐらいのレベルのお店がつぶれたって、
市の運営には何の支障もありませんが、そんな大量買取のお店がつぶれでも
したら、市は大変なことになるでしょう。落札金額に大きく影響しますし、
そうすると売れなくなって出品する側も出し渋りますから、出品点数も減って
いくってことになりかねません。

 初めて、振り市を見たときは驚いたものです。次から次へ欲しい商品を
競り落としていき、自分の席の後ろに ドン、ドン、ドン って
積み上げていきます。まるで 巨大な壁 のように!!

 私もカーゴ1台分ぐらいの買付をしたことはありますが、その人たちは、
カーゴ2~3台は軽く使います。たまに来てまとめ買いってわけじゃなく、
頻繁に市に顔を出して、しかもその都度それだけ買っていくのですから、
見ていて惚れ惚れします。

 市なんですから、お金さえ出せば大量に仕入れること自体は難しくあり
ません。でも、その人たちのすごいことは単に大量に仕入れているって
だけでなく、それだけの数をさばいているってこと。店に入ってくる本の
数と、店から出ていく本の数で前者の方が多かったらやがてはパンクする
わけで、仕入れた量と同じくらいは売上げないと、「在庫」としての価値
はなく、もはや「ゴミ」同然になってしまうわけです。

 大量仕入、大量販売。ビジネスの規模としては、明らかに当店よりか
大きいわけで、日本のGDPに与える影響もそういったお店の方が大きい
はず。商売なんですから、そういった大きなビジネスには憧れるものです
が、人間には向き不向きがあります。それだけ大量に仕入れるってことは、
それだけ「売り」を頑張らなきゃいけないわけで、それだけ忙しく、また
それだけストレスも多いビジネスモデルってこと。私には、無理ですね(^_^;)

 細々と買取って、細々と売っていくってのが性に合っているみたいです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。