スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日も・・・

 本日、買取が1件。買取依頼をいただけることは嬉しいのですが、
残念ながら昨日に引き続き、今日もキビシー買取(>_<)

 今日の本は、状態はまずますだったのですが、量が少なかったのが
辛いところ。量が少ない買取は、ガソリン代などトータルで考えると
引き取るだけで赤字確定って場合もあり得ます。
 高額の売値が見込める「お宝」本が出てくれば、少量の買取でも
十分採算が取れるのですが、今日のはごくフツーの本ばかり。
買取額を回収するのが精一杯の気がします。

 でも、個人的には、こういう買取こそ大事なものだって思っています。
人気のある本、高値で取引される本を欲しがるのはどこの古本屋も
同じ。しかし、そういう品ばかり集めて、不要な品には見向きもしないって
のは、古本屋として不誠実な姿勢だと思うのです。本を売っていただく
お客さんは、何も古本屋を儲けさせるために本を買って、今まで保管
していたわけではないんですから。

 もちろん、商売ですから利益は大事。でも、売っていただけるお客さん
がいて初めて成り立つ「客商売」ってのも、考えなきゃいけないところ。
って考えれば、たとえ売るのが難しい品でも、精一杯の値付けはする
のが、古本屋のあるべき姿だと思っています。

 精一杯の金額でもガッカリされてしまったら、それは仕方ないですし、
こちらの気持ちも汲み取ってお譲りいただけるのでしたら、何かの
機会に、また当店を頼ってくださることもあるんじゃないかって思って
います。そうやってリピーターさんになってくれる人が一人でも増える
のでしたら、売れ筋でない商品でも値段をつけて買取るのは、広告料
と思えば安いもんだと考えています。

 当店は、いつでも誠実買取。でも……本音を言えば、売れ筋の本を
大量にお譲り頂ける方が、嬉しいですけど、ネ(*^_^*)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。