スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さすがに、ちょっと腹立たしい

 本日午前、買取の相談がありました。行ってみると、自宅の庭に
自動車のスクラップが置いてあるなど、怪しげなお宅。。。ゴミ屋敷の
予感・・・(^_^;)

 案の定、出てきた本もキビシーものばかり。本音を言えば、あまり
買いたくないものばかりでした。しかも量が少ないので、どうにも
値段のつけようがないって感じ。でも、相場も考えて、精一杯の査定。

私:「こんなものになりますが、よろしいでしょうか?」
客:「ああ、値段はいいねん! 欲しい人に役立ててもらえれば」

 でも私の経験上、「値段はいい」って言う人ほど、値段にこだわります(笑)
今日のその人も、そういうタイプ。一度は、私の提示した金額でOKって
了承しながら、同意書を作成して、身分証明書の確認って段になると
翻意します。

客:「いくらしたと思ってんねん!」


 要は、もっと値段を上げろってプレッシャー。だけど、そんなこと言われても、
欲しくないものは欲しくない。おそらく、どこのお店も、私の提示した金額以上で
買うことはないはず。どれだけゴネられても、これ以上は1円も支払うことは
できません。

 こちらの立場からすれば、いくらで売れるって思ってんねん!
って言いたくなる気持ちはグッと押さえて、丁寧に買取相場を説明するだけです。

 挙句、身分証明書の確認手続きがいりますよって説明についても、最初は
法律で決まっているんだったら金額にかかわらず仕方ないやん! って理解を
示してくれていたのに、こんだけの金額のために、そんな面倒なことできるか!
っていう始末。 だったら、こっちは買えません。法律なんですから。

 結果、1冊も買取らずに引き上げました。まぁ時間とガソリンの無駄になりました
が、納得いかない金額で譲っていただいてもトラブルの原因になりますし、かと
いって向こうが期待するような金額を支払っては、商売にならないし……仕方
ないですね。

 でも、一度は納得していたはずなのに、土壇場で言を翻すってのは、正直、あまり
気分のいいもんじゃありません。金額に不満を抱いたなら、はっきり断っていただいた
方がお互いのためですね。そうすりゃ、お互いに無駄な時間を過ごさないでいい
わけですから。

 ここのところ、買取依頼は受けるのですが、どうも金額でご満足いただけない
ことが多いみたいです。しかし、買取価格自体はそんなに悪くないはず。他店に
比べても、遜色ないはずです。だのに、買取内容がちょっとサビシーかな。
まぁどんな品を仕入れられるかは運もありますし、誠実な買取を続けていれば、
そのうちいい品も入ってくるだろうって、あまり悩まないでおきます(^^)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。