スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買取金額と古本屋の心理

 古本屋の買取額が、安すぎるって不満をお持ちの方も多いはず。でも、
古本屋の立場としては、それでも精一杯な場合も多いものです。

 ところで、私たち古本屋は、お客さんからの買取額が高い場合と、安い
場合とで、どちらが嬉しいと思います? ・・・まぁ一般的には安く仕入れられ
れば、その分だけ利ザヤを稼ぎやすいですから、古本屋は安い買取の方が
嬉しいって思われるかもしれませんね。でも、それは・・・

  大間違い! 

 です。安い買取額ってことは、それだけ売れる見込みが低いってこと。売れて
初めて「利ザヤ」って話が出てくるので、単に在庫として棚に並んでいても何の
利益を生むこともありません。

 最近、主流となっている新古書店では、バイトスタッフでも買取ができる
ように、本の状態や発行年を基準に大胆な査定をするってマニュアルに
なっています。こういうお店でしたら、新しければ比較的いい値段で買って
貰える一方、古書相場として数万円はする本でも、10円ほどの値段しか
付かないってことも多々あります。

 しかし、昔ながらの古書店でしたら、査定は店主の目利きでするもの。
その店主の経験や知識で、しっかりしたお値段をつけるってことも多い
ものです。こういうお店は、いい品ならしっかりした値段で買取る、そうじゃ
なきゃ安い値段でしか買わない、あるいは買取不可ってスタンス。

 ってことは、高いお金を出して買える本の方が、「いい品」って評価して
いるわけですから、買っても惜しくない。仕入れられて嬉しい品ってことに
なります。

 私自身を振り返っても、そこそこの支払額のあった買取の場合、やはり
それなりの満足感、充実感はあるものです。いい本が入荷できて店と
しても嬉しいですし、お客さんも金額面で満足していただけるわけです
から、まさにWin-Winの関係。商売は、こうありたいものです。

 人気の商品ですとか、店の看板になるような立派な本の場合でしたら、
数万円の買取額でも痛くはないですし、逆に売りにくい商品、ありふれた
商品でしたら10円の値段でも本音は仕入れたくないもの。金銭の多寡
じゃないのが、古本屋心理です。

 長年、大事にしてきたって想いもあるでしょうから、極力お値段はお付け
したいと思いますが、ものには限界というものがあって、たいした金額を
つけられないことがあるのは事実。思い入れが深い本ですと、心苦しくなる
ものです。だからホントは、ズバッと高額を提示できる蔵書の方が、お客さん
にも喜んでもらえますし、こちらもありがたいものなんです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。