スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何かの呪い?

 本日も、買取はさっぱり。見て欲しい本があるということで連絡を受け、
伺ってみれば・・・残念ながら、あまりにも状態が悪いため、売り物に
ならないものばかり。ガレージで保管していたため、雨濡れしたのが
いけなかったみたいで、カビ、変色、濡れ跡があるので、もうダメ(>_<)
 申し訳ありませんが・・・と、買取できないことをお伝えしました。

 いやぁ~それにしても、ここ数日、買取の調子が悪い、悪い。ことごとく
空振りっていうか、イマイチの結果に終わっています。ここは耐え時。
いいお客さんから連絡が来るのをじっと待っているしかありません。

 なるほど、こういうふうに買取の調子が悪い時に、皆さん、市で仕入れ
ているんですね。私の場合、これまで買取は順調だったもので、あまり
市の必要性を感じていなかったのですが、どういうわけか組合に入った
途端、買取の調子が狂った気がします。
 まさか組合の人間が、市を活性化させるため、ロビンのネガティプ・
キャンペーンを行って、買取依頼の電話が来ないようにしているんじゃ
ないだろうなwww あるいは、何かの呪いとか?www

 ま、慌てても仕方ありません。コツコツと地道に営業努力を重ね、お客さんに
頼っていただける日が来るのを待つしかないですね。
 そうそう、今日訪れたお客さん。買取はできなかったのですが、息子さんが
結構本を持っているということでしたので、処分をご検討の際はよろしくお願い
しますって頼んでおきました。たとえ今すぐ本を売っていただくことはできなく
ても、将来手放すって時に、頼っていただける日が来るかもしれないのですから、
日々の営業は決して疎かにはできないものです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。