スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未練は残る本の処分

 長年集めてきた本を、いよいよ処分するって時。人は、けっこうな一大
決心をするものです。買取る古本屋の方でも、そういった方たちの本に
対する思い入れというか、情熱というか、そういったものを強く感じることが
あります。

 ある日のこと。本の査定が終わって金額に納得いただき、じゃあ車に
積込みますねって段になって、・・・

 あの~、やっぱり、この本だけ売るのを辞めることってできます?

 www いやいや、ホントよくあるんですよ、こういうこと。もちろん、所有者の
意思に反して買取るなんてことはできませんから、「売れない」って言われれば、
諦めるしかありません。問題は査定額。

 あまり売れる見込みがなく廃棄処分になる可能性の高い本は、数をまとめて
一束いくらって計算をすることがあります。こんな本の中から1冊抜かれても、
どうってことはありません。もともとコッチもあまり値段をつけれていないわけです
から、この部分の査定額は、お客さんへのサービスというか「お売りいただいて
ありがとうございます」って感謝の部分なんで、そこで利益を出そうなんて考えて
いないんです。

 でも困るのは、ある程度の市場価値が見込める本の場合。古本屋の査定額の
大部分は、こういった本の評価額の積み重ねで計算しますので、もしこの部分の
本を抜き取りたいってなれば、それはちょっと評価額にも影響が出るわけです。
これだけの本なら、このくらいの金額は出せるって計算基準が、根本から崩れる
わけですから。

 で、そういう場合は話し合い。その本も評価しての金額ですので、その本を
抜かれると減額になりますよってことを、ご説明します。

 減額幅が大きい場合、これはその抜こうとしている本に対するこちらの評価が
高いってこと。その金額なら満足ってなって、無事お売りいただけることもあり
ますが、いやそれでもやっぱりこの本だけは・・・って意思の固い方もいらっしゃい
ます。

 古本屋としては、いい本をお譲りいただけないのは残念ですが、やはりお客様の
納得の上で買取作業を進めないと、あとあとトラブルのもと。無理強いはせず、
また心変わりしたらお願いしますって引き下がるのがベストですね。でも本音は……
事前に売却できない分は、キッチリ分けておいて欲しいとは思います。お客様も
本に思い入れはあるでしょうが、コチラも見てしまったら、「あ~、いい本だったな」
なんて悔しい思いをすることもありますから(笑)

 売る側にとっても、買う側にとっても、本の処分に未練はつきものってお話でした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。