スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同じようでも・・・

 昨日の話の続き。

 ある本がA店では1,500円で売られていて、B店では1万円で売られている・・・
全国統一の価格で販売しなきゃいけない新刊書店と異なり、古書店の場合には、
こういうことが、よくあるものです。

 どういう本にどのくらいの値段をつけるかは、全て店主の裁量。どういった
値付けをするかで、その店の個性が出てくるものです。どこよりも安い値段を
つけて、お客さんに喜んでもらおうとするお店。いい本にはしっかりした値段を
つけて、お勧め本をアピールするお店……色々です。

 購入するお客さんの立場からすれば、いい本を手に入れたって喜んでいた
のに、別の店ではもっと安く売っていたってなれば、あまり感じのいいものじゃ
ありません。
 でも、そういう運不運というか、お店との相性というか、そういうものを楽しむ
のも、古書を買う時の魅力の一つ。 高い買い物をした! って残念がらず、
笑って受け止める心の余裕を持ってください m(__)m とはいうものの、 いくら
なんでも、1,500円と1万円じゃ極端だろって思いますがねwww

 同じ本なのに値段が極端に異なる場合……店主が相場を知らないってだけ
の場合もありますが、その本に対する店主の評価を金額で表現したって場合も
あります。高い値段を付けている店主は、その本をそれなりに評価しているって
わけ。「高いと思うなら、ウチで買ってくれなくていいよ!」って強気の経営姿勢を
アピールしているのかもしれません。

 それともう一つ。古本ゆえの原因があります。同じタイトルとはいえ、扱って
いるものは、全て古本。コンディションが1冊1冊異なるわけです。だから、

 ヨソは1万で売り出してるけど、ちょっと汚れているし、
そこまでは無理だな~


 って考えて、7,000~8,000円ぐらいにしたり。そういうことは、よくあります。
まぁ、それでも1万円で売っている本を、1,500円で売り出すってのは、
さすがにないと思いますが……(^_^;)

 要するに、古本は中古車と同じ1点もの。中古車を買うときだって、値段だけ
見て買うってことはないはず。走行距離だとか、事故歴だとか、キズの有無とか
……色んな要素を検討して、その車がその値段で売っていたら安いな~とか、
高いな~とか。同じ車種でも、状態によって値段が変わるのは当然ですよね?

 古本も同じ。同じタイトルの本でも、ヤケの程度、帯の有無、書込みや汚れの
状態、初版本かどうか……といった点が異なれば、値段も変わる。古本にも、
個性があるんです。
 
 だから古本を購入するときは、値段だけを見て即決せず、しっかりと状態を
判断した上で購入しないと、ガッカリするってこともあるのでご注意。ネット販売
や目録販売の場合には、実物が見られないのですから、説明書きをしっかり
読んで、後悔ない買い物をしてください。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。